カテゴリ:出来事( 141 )

ショッピングモール「ピエリ守山」、モンゴル海軍、政治家の揮毫など文字通り雑彙

※やっと完成ということにしました。

 今年度も下半期に入り、小生の身辺もさらにいっそう慌しくなってきております。あっぷあっぷしているのは相変わらずで、身辺に次々起こるいろいろな事態に振り回されてついていけているかというと微妙、みたいな感じです。ですが、ひとまず前回前々回の記事に書いたように蔵書整理が済んで過去のゴミを大量処分するという進展もあり、講師業も始めて多少は精神も前向きになっているようなので(疲労は溜まっているような気もしますが・・・)、ネット上で見かけて気になったけれどもコメントする余裕の無かったことなどを、ここでまとめておこうと思います。以前にも(これとかこれとか)やったのと同じような企画で、weblog 本来の使い方に近いとはいえ、手抜きの感は否めませんが・・・。まあ、何でも流れ去ってしまうネット上の情報を、しばらくたってからほじくり返すのも趣味が悪くて結構だと我ながら思います。

@yasudayasuhiro さんが語る、超閑散ショッピングモール「ピエリ守山」(togetter)
 滋賀県にあるショッピングモール「ピエリ守山」はほんの数年前、200店近い店舗を擁してオープンしたのですが、数年ならずしてほぼすべての店が撤退してしまい、ゴーストタウンと化すという事態になってしまいました。その経緯はネット上でもいくつかまとめがあり、実際に行ってみた人の記事もありますが、小生が時折ツイートを拝見している @yasudayasuhiro さんのピエリに関するツイートを特にまとめました。@yasudayasuhiro さんは滋賀県のピエリ守山からそう遠くないところにお住まいなのか、実際にこのモールを利用された経験をお持ちだそうで、さらにそのツイートは、単に「行ったことがある」にとどまらない、観察と考察とがめぐらされています。
 一応はまだ人口増の傾向にある守山市で、何でこんなことが起こってしまったのか? 考えようと思えばいろいろと浮かんでくる、その豊富な手がかりを流してしまうのは惜しいと思った次第です。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-10-11 23:58 | 出来事

いろいろとメモなど

※追記:一応完成としました。

f0030574_0434516.jpg
抽象芸術のような趣すら感じられる銀座・「丸源ビル31」の冷房室外機と配管

 いろいろあって一月ブログを放置しておりました。書きたいことがないわけではないのですが、むしろいろいろあるのですが、なかなか余裕がありませんので、とりあえず放置を避けるために、この種の記事でお茶を濁しておきます。なおこの種の記事の前回同様、鉄道関係のネタは別の機会にしたく取り上げていません。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-07-20 23:59 | 出来事

最近のネット上で忘れがたい諸事をまとめておく

 先日、当ブログの通算来訪者数(ユニークアクセス数?)がひとつの大台に乗りました。読者の皆様に感謝申し上げると共に、何事にも後ろ向きな小生としてはよく続いたものと我ながら半ば感心し半ば呆れております。もっとも、このアクセス数の数字がここしばらくやけに数が大きく、PCアクセス数(ページヴュー?)や他のアクセス解析と比べても不可思議に巨大な数を示しているのですが・・・まあ、数が少ないよりは景気がいいとは思います(笑)。
 そんなわけで、節目を記念して何か・・・というほどの心身の余裕もなく、アウトプットの気力が薬を飲んでも概して萎えきって、周囲の諸状況も煮詰まり、ついでにパソコン類も世話をしてくれる憑かれた大学隠棲氏が首を傾げるほどの不調続きで(本記事もある程度書いてアップしようとしたところで、機器のトラブルにより一度吹き飛んでいます)、むしろ「そのうち何かこれに関係して書きたい」と思われるようなトピックが溜まっても片付く見込みがない状況です。で、いろいろ部屋の大掃除をしないといけない(持っているはずの論文のコピーが行方不明など)のですが、ついでにこちらのメモも棚卸しをしておこうかと思います。まあ、weblog の「本来の」使い方としては、それで正しそうですし。
 なお今回並べる諸トピックは、鉄道関係「以外」のものに絞っています。

f0030574_11251958.jpg
戦前の渋谷にあった頭山満邸が掲載された地図 現在の青山学院の一角か、青山トンネルの辺りか?
(ハチ公前の東急デハ5001号車体内に掲げられている、「大日本職業別明細地図」(1928)を接写)


(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-05-26 23:59 | 出来事

【告知】革命的非モテ同盟「2.10バレンタインデー粉砕デモ」@渋谷

 例年のことなので当ブログも告知に協力をば。
 クリスマスはデモの代わりにイベントを実施した、毎度お馴染み「革命的非モテ同盟」ですが、今月はちゃんとデモをするそうです。以下に公式サイトから概要を抜粋。
2013年バレンタインデー粉砕デモを2月10日に実施します!

例年恒例のバレンタインデー粉砕デモを今年も実施致します。申し込み不要・飛び込みも可ですので、どうぞご参加ください。詳細は下記の通りです。

【主催】革命的非モテ同盟
【目的】日本におけるリア充バレンタイン文化に反対するため
【集合場所】渋谷・宮下公園の北側 (※神宮通公園ではありません)
【日時】2013年2月10日(日)
【タイムテーブル】
  14:30 開場 (宮下公園)
  15:00 集合
  15:30 開始
  16:00 デモ終了、解散 (神宮通公園)
  打ち上げ
 集合場所が宮下公園に戻っています。いろいろと揉めた公園の改修工事も、一段落付いたのでしょう。「ナイキ公園」などという、ミサイル基地みたいな名前にならなくて何よりでした。渋谷公会堂の名も旧に復しましたが、渋公にせよ宮下公園にせよ、既に一定の認知がされていてブランド価値もあった物を、安直に企業に売り飛ばすやり方には疑問を覚えます。駅頭の東急デハ5001号の問題にも通じるところと小生は考えます。
 それはともかく、デモの集合場所を以下に図示しておきます。


 詳細な場所は、地図の縮尺をクリックして見て下さい。
 活動足かけ8年目ですが、今でも「新たに知った」という反響がネットなどでは多いようで、どんな活動でも地道に長年続けることは大事なのだなあと思われますね。
[PR]

by bokukoui | 2013-02-08 23:59 | 出来事

【告知】革命的非モテ同盟 イブの夜にトークイベント開催@下北沢

 当ブログでは例年その動静を、創成期以来お伝えして参りました「革命的非モテ同盟」ですが、今年はデモ申請に行ける人がいないとかでクリスマスのデモはやめる代わりに、以下のようなトークイベントの企画が急遽持ち込まれ、開催の運びとなった由です。
 以下にリンクと概略を紹介しておきます。
革命的非モテ同盟 presents
イブの夜の超緊急開催! クリスマス粉砕! リア充の駆逐の仕方お教えします


モテない人たちの明るい未来を創造すべく、
クリスマスやバレンタインデーの粉砕活動を行ってきた
「革命的非モテ同盟」(通称:「革非同」)。
恋愛資本主義反対を訴え、「クリスマス反対!」「リア充は爆発しろ!」などとデモ活動を決行する様は、冬の風物詩として多くのメディアで取り上げられてきました。

2012年、クリスマスイブの夜。
カップルたちがここぞとばかりに愛を深めあう夜に、
革非同幹部が、B&Bで急遽トークイベントを開催することになりました。

非モテたちよ!クリスマスイブの今宵、ふらりと集え!
これであなたもリア充を駆逐できる。
クリスマスを粉砕すべき100の理由、お伝えします。

開催日時 19:00~21:00 (18:30開場)
場所    本屋B&B
       世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料   1500円

 革非同ってそういう団体だったっけ?(笑) という気もしますが、まあその辺の緩さも同団体らしいと言えばそういう所でもあります。
 しかし革非同のイベントなんかで金とっていいのかね? という疑問は拭えませんね(苦笑)。開催場所のB&Bというのは、下北沢らしいコンセプトの本屋さんのようで、本来は本を出した関係者が読者とトークするようなイベントを想定した空間のようですが、革非同は同人誌か出してないような。このイベントは元々、鮭缶大総統閣下のもとに、革非同の初期からデモに参加されているMarkWater氏が持ち込まれたものだそうで(経緯はこのツイート参照)、まあ急造穴埋めイベントのようですw

 そんなわけですが、クリスマスイブだというのに金も暇ももてあましているような方は、一つ見に行ってやって下さい。

※追記:イベントは、直前の告知になった割には結構人が集まったようです。簡単なレポがこちらに
[PR]

by bokukoui | 2012-12-23 23:52 | 出来事

伝説のサイト「うえのはるきのほめぱげ」ツイッターで復活!?~レッツビギンやで! ポジティブや!!

※誤字脱字を修正し、エピソードを一つ追記しました。(2012.11.15.)

 今日も前回同様、ネット上の小ネタであります。
 といっても、最新ほやほやだった前回のネタと違い、この分野では古典的? な話題です。何というか、どう話を持っていけばいいか・・・分かる人には分かるのですが、分からない人に説明するのは分かりにくいネタです(笑)

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-11-14 23:54 | 出来事

「馬車道発電所」

 急激に涼しくなりましたが皆様お変わりありませんでしょうか。小生は暑い時期よりはマシな状況になっていると思ってはおりますが、世の中面白くないニュースだらけで、何となくうんざりするようなことばかりです。
 しかしそんな話をしても詰まりませんし、ここはひとつ、皆様に一服の清涼剤となるイラストをご紹介。

 これは、以前当ブログの記事「ウェイトレスが袴なファミレス「馬車道」が特定規模電気事業者(PPS)になっていた」で書いたネタを、ホントに絵にして下さった方がいたという、嬉しくありがたい出来事です。

 「證詞の百合花」より:9月21日付け投稿

 これは素晴らしいですね! そして意外と違和感がない(笑)
 描いて下さったのは、当ブログでもコメントを折々いただいている、ブログ「鳩の切り売り・量り売り」でのナヲコさんの書評記事からご縁のできた、とびさんです。それにしても、マンガを読むだけでなく、書く方の技倆も持ち合わせておいでとは、まことにお見それしました。本来あり得ない状況を、不思議な説得力を持って描かれている所など、小生の知識の範疇で思い浮かべると、駕籠真太郎作品と似ているような気が、第一印象でしました(とびさんにとっては心外な評言かもしれませんが・・・)。背景の4本の煙突も、何とはなしに千住名物だった「お化け煙突」を連想させます。千住火力も大正時代の建設でしたね。ちなみにウィキペディアによると千住火力は蒸気タービンだったようですが、ハイカラさんスタイルにはやはりレシプロ蒸気エンジンががっこんがっこん上下しているのが似合いそうに思います(笑) そして火力発電所ではなく、「汽力発電所」と古風に呼びたい(昔の資料ではそう書いています)ところです!?

 ヨタはさておき、とびさんに心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

 
[PR]

by bokukoui | 2012-09-26 23:59 | 出来事

後輩が「ウチの娘」(美少女ゲームキャラのぬいぐるみ「ごきげんリース」)の誕生日パーティーを開きました

 本記事は、かつて当ブログの記事中でもかなりの反響を呼んだ、

 後輩が「日本が中国に支配されたらエロゲーが出来なくなる」と思って田母神氏のデモに行ったそうです

 の続篇になります。
 しかも今回は何と、この後輩・A君の方から、ネタを提供するので記事を掲載して欲しい、掲載しなかったら××す、みたいな脅は・・・というたいへん強いご要望をいただきまして、ゼミ報告の準備で忙しいさなかに迷惑千ば・・・有り難く掲載させていただく所存でございます。

  というわけで、A君が送ってくださった写真を以下に掲載致します。
f0030574_11531269.jpg
後輩A君が「娘」と主張する、美少女ゲームのキャラクター「リースリット・ノエル」の誕生日パーティーの模様
(右)美少女ゲーム『夜明け前より瑠璃色な』のグッズ「ごきげんリース」
(左上)美少女ゲーム『祝福のカンパネラ』のグッズ「ふきげんアヴリル」
(左下)美少女ゲーム『ましろ色シンフォニー』のグッズ「ぱんにゃぬいぐるみ」
(余計なお世話ですがこの写真はクリックすると拡大表示します)


※ブログ執筆者のSAN値減少が著しいので続きはそのうち
[PR]

by bokukoui | 2012-04-26 23:59 | 出来事

剣呑な「交通安全」的看板

f0030574_232303.jpg
「死亡事故発生地点
ここを横断すると万一のとき 保険金がもらえない場合があります」
内神田鎌倉町会交通部が立てた看板

 先週は多少マシになったかと喜んでいたのも束の間、今週はひどい不調に悩まされました。無闇と眠くて碌に身動きできないし、頭は痛いし、腹は下るし、挙げ句の果てには得体の知れない眩暈と耳鳴りのような、新たな症状も登場する始末です。そんなわけで一週間をほぼ棒に振り、諸事滞ってネットからも遠ざかり、メールなど返信すべきものも例の如くすっかり遅れてしまい申し訳ありません。

 そのような次第でブログの更新などもできず、書きかけのまま放置している記事は相変わらずで心苦しいのですが、あまりに放置ばかりも何なのでとりあえず小ネタとして、先月用事で出かけた際に、千代田区某所の一方通行4車線道路沿いで見かけた看板の写真を掲げておきます。
 世の多くの交通安全看板と比べても、まことに即物的というか、ビジネス街らしい? 内容ではあります。それにしても、死亡事故があった場所で再度事故が起こった場合、保険金が下りないという例があるのでしょうか。全国の死亡事故発生地点全てに、いちいち通りかかった車輌や歩行者に向けた告知があるわけでなし・・・。
 よく分かりませんが、同様な看板は他にも例があるのでしょうか。あまり見かけないことからすると、やはり効果はいまいちだったのか、何となく見かけて微妙な気持ちになる看板でした。
[PR]

by bokukoui | 2012-04-14 23:59 | 出来事

「橘川武郎『東京電力 失敗の本質』他略感」やっと完成&タグ「電気事業史関係」設置

 帯状疱疹はまずまず回復しているようです。痛み止めが切れると鬱陶しいですが。

 そんなわけで年明け以来思うに任せぬ不調続きで、昨年の大晦日に書き始めた筈だった当ブログの記事「橘川武郎『東京電力 失敗の本質 「解体と再生」のシナリオ』『原子力発電をどうするか』略感」も長いこと放置しておりましたが、このたびようやく完成しました。決して難しい本でも読みにくい本でもないのですが、そして何より小生も昨年のうちに読んでメモを作っていたのですが、それが形になるまでここまでかかるとは、何ともかんともです。
 まあ、前向きに捉えて、積み残したことを片付けられるようになったのだと考えるようにします。部屋の大掃除もかなり進捗したし、春を迎えてだんだんやっていこうと思います。

 さて、ようやく震災と原発事故の一周年を経て、橘川先生の本の書評も書き、当ブログの日本の電気事業に関係する記事もだいぶ増えましたので、新たにタグ「電気事業史関係」を設けました。
 タグとカテゴリの使い分けがややこしいところですが、既にカテゴリで鉄道関係がいくつもあり、小生の研究の関係上、鉄道と電力の双方にまたがる話が多いので、電力業についての話はタグで済ませようと思います。タグやカテゴリをクリックすると記事のタイトル一覧が出ますので、ご活用下さい。
 電力業の歴史については、今こそ学ぶべき時の筈なのに、ここ一年で世の関心の低さに憮然とすることが多かったのですが、腐らず今後もブレーンストーミングを兼ねて書いていくつもりです。今年は更新が開きがちですが、一応回復基調にはあると思いますので、引き続きご愛顧いただければ幸いです。
[PR]

by bokukoui | 2012-03-14 23:12 | 出来事