<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

備忘・「東京大学オタク物語」向け資料~これがわたしの「第三の道」

 今日は比較的調子がマシなので、久々にパソコンで作業。ついでにネットも少々。旧マシンのブックマークが失われて、定期巡回サイトもほとんど無くなりましたが、それで生活が何か寂しくなったようにも感じられないというのは愉快なことです。
 それはそれとして、表題の件に関連して、発見した記事に備忘のためリンクを張っておきます。

 E.L.H. Electric Lover Hinagiku
  「アニメやりに東大行ったおれが学歴について語ってみる」

 有村悠さんとこですね。これまでに何度かリンクした覚えがありますが、その度ごとにサイト名が変わっている気がします。
 で、内容は表題とあまり関係なくて、有村氏のオタク遍歴と東大に至るまでの半生記、ですね。

 東大に「オタク」な人がやってくる経路として、有村氏の場合は天才的で特異なようでいて、ある種の典型でもあるように思われ(特異な方が、あるパターンの特徴をかえってよく表すということはあるでしょう)、大変興味深いですね。にしても、『北(朝鮮)へ。』は有村氏の着想だったのか。『更迭天使おぶち』なる作品もこしらえていたと仄聞した覚えがあります。東大のアニ研にそういうものをせっせとこしらえる大物が居ると言うことは聞いていましたが、迂闊にもそれを有村氏と結びつけて考えていませんでした。その系譜の上に、数年前小生が販売の手伝いをする羽目になった『れっかうらんタン』も位置づけられるのでしょう、と書いたら怒られそうな。

 で、有村氏と小生はだいたい同年代に当たるようなので、まずその点で面白くなつかしかったのですが、やはり小生にとっての資料的価値は地理的なものにあります。一貫して横浜市に居住し中学以降は東京区部の進学校に通い続けた小生からすると、地方の進学校→大学上京という系譜の人の詳細な事例を知ることが出来たので。
 一読した限りでは、学校の雰囲気自体はそう本質的な差異はないように思われます。地域的な文化事情の差異がどう影響しているのか、それは検討に値すると思いますが(深夜アニメの話がちょこっと出てますね)。ネットの普及していない当時は、今より地理的格差の意味するところが大きかったでしょう。

 正直、有村氏の書かれたものが非常に面白かったので、つい自分も同じような物を書きたいという思いが一瞬浮かびましたが、そんな長文を書く時間もなければ腰の調子もそれを許さないだろう、という大前提の上に、そもそも小生自身は怠惰で凡庸な人間であるために小生自身のことを書いても面白くはならない、という明白な事実に鑑みてやめておくことにします。
 もっとも、小生の友人諸氏の話をつづり合わせれば、それなりに面白い話を編み上げることも出来なくはないかな、とも思いますが。他力本願といえばそうですが、そも自分の趣味や個性というものも周囲との関係の中で磨かれていくものですし、いわゆる「良い学校」の価値は自分を磨くための凄い他人に出会える可能性が高い、というところにあると小生は思いますので、それはそれで価値があると思います。
 ですがまあ、それは「東京大学オタク物語」完成の暁、ということで(何時になるのか・・・書き始めた当初と状勢が変わって既に無意味な気も)。

 あとひとことだけ、有村氏の文章でまた違った角度で印象に残った言葉を巡って。
すごい作品やクリエイターに出会ったとき、ひとは二種類の反応をする。

・これはすごい、自分は凡人だからこんなものは作れないしこんなひとにはなれないと諦めをつける
・これはすごい、自分もこんなものを作りたいしこんなふうになりたい、否、超えたいと発奮する

ぼくはほとんど常に後者である。
 なるほど。「クリエイター」の人たちはその二択なのかも知れません。
 ですが、他にもやり方はあると思います。
 
これはすごい、自分もこんなものを作りたけど、同じ方向では難しい
 →では、別なアプローチを捜してみよう

 ま、考えてみれば自分のやってきたことはこうだったのかな。
[PR]

by bokukoui | 2008-05-30 23:54 | 思い付き

何とか

 生きております。
 腰の不調の他、睡眠の調子が悪く寝て居るんだか起きて居るんだか自分でもよく分からないような、ついでに気温の変動について行けずに熱を出したり、踏んだり蹴ったりなここしばらくです。

 しかし寝てばかり居てもどうにもなりませんので・・・やるべきことは幾らでもあるのですが、何も進んでおりません。まあ少しづつでも、寝る以上の行動をせねばと思います。

 ・・・という状況がここ10ヶ月続いているということに気づき愕然。
 「失われた10ヶ月」ですな。増えたのは体重だけで。
[PR]

by bokukoui | 2008-05-29 22:36 | 身辺些事

金も暇も体力もないのに衝動買い

 相変わらず腰が痛く、またどうも草臥れやすい調子が続いております。しかし所用を少しでも片付けねばならず、またいろいろ飛び回ったり、まだしばらくドタバタな日々が続きそうです。コンピュータと本棚とを買いそろえ、作業環境改善を図るという予定は何時になったら達成されるのやら。

 で、そんなドタバタな昨晩、ふとおなじみ革命的非モテ同盟の古澤書記長のブログを覗いたら、なんだか労働収容所組合氏が大活躍中で、氏が何者かをつゆ知らぬコメント欄の連中の将来を危ぶまずにはいられませんでしたが、それはそれとして、速水螺旋人先生の新作が出たということを知りました。

 で、小生最近資金繰りが苦しいのですが、1500円くらいなら捻出できるかなと思い、近年の軍事オタクの質的劣化の元凶の一つであるイカロス出版に金を落とすということの若干の葛藤はあったものの(アマゾンで同書を見たときの、一緒に買われている商品を見ると・・・)、これは買いと思い、しかしそこはケチに本日大学に行ったついでに生協に売ってないかと一割引での購入を目論みました。
 が、流石にマニアックすぎたのか物はなく(『嫌韓流』が在庫してるのにねえ・・・)、これは又の機会にして長居は無用と撤収しようとしたその時、表紙を表に向けてディスプレイしていた一冊の本が目にとまり、思わず手に取ってしまいました。

 高月靖『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで 特殊用途愛玩人形の戦後史です。
 表題からして面白そうなのですが、しかし小生が手に取った理由はそこではありません。
 何が目に留まったのかといえば、この表紙のラブドール(だろう)が着ているコスチュームが、今は亡き立川は日野橋、ブロンズパロットの制服に他ならなかったからであります。ブロパといえば、かつて「メイド喫茶」などというものが存在しなかった頃、制服マニアの熱い視線を集めていたファミレスでありました。この店が2000年9月に閉店してから、秋葉原からの「メイド喫茶」ブームが始まった物でしたが・・・ラブドール衣装もいろいろあるだろうに、こともあろうにこの選択とは。いや、感動しました。
 で、ディスプレイしてあった同書を元に戻そうとしたら、この『南極1号伝説』の下にはなぜか違う本が並べられていました。ラブドールに隠されてしまっていた本があったのです。

 それこそ、宮崎学による革マル派そして国鉄→JR労組のドン・松崎学『秘録』でありました。
 出版されたことは知っており、そのうち手に入れようと思っていましたが、なんという出会いだったことか(笑)。
 というわけで、今日の所はこの宮崎学・松崎学『秘録』を買い込んだ次第でありました。書評はまたもう少し余裕が出来たらということで(ということは当分・・・)。それにしても、この本をラブドールの本を置いて隠した人は、一体どんなつもりだったんでしょうね。
[PR]

by bokukoui | 2008-05-16 23:37 | 書物

地震対策の結果として本が貰えた話の補足・その他雑事

 腰は相変わらず、左目の下にできものが出来たり、なかなか復調というわけにも行かないようです。

 表題の通り、先日の「地震対策の結果として本が貰えた話」の補足。
 社会科学研究所のサイトでは、不要図書の放出は9日までとなっていましたが、本日見に行ったところまだやっていました。多分、工事で完全に閉まる来月まではやっているのではないかと思います。もっとも流石に本の数は少なくなっていました。当初はワゴンに6台以上あったのに、今日は3台。内容的にも・・・。

 故障中の旧マシン(短時間なら動く)からデータを取り出して新マシンに移す際、フラッシュメモリを使っていたのですが、これが困ったことに行方不明。そこで苦肉の策としてデジタルカメラのメモリーを使ってます。嵩張るけど意外と容量が多かったので。
 つーか、とっとと新たなコンピュータ環境を作らんと・・・。

 NHKの夜のニュースを見ていたところ、サミットへ抗議のデモ隊が暴徒化した場合の対処と称する警察の訓練が報じられていました。それ自体に対しいろいろ申し条はありますが、それはそれとして、「デモ隊」として登場していた警察の連中の被っていたヘルメットに、白ヘルに赤い線・黒く「Z」の文字が! 革マル派ですね。
 革マル派の登場がサミット会場周辺で予期されているのでしょうか? こういうときは架空のメットを使うのが普通ではないかと首をかしげました。もしかして公安警察には、各セクトに対応した仮想敵部隊がいる、なんて訳はないだろうな。
[PR]

by bokukoui | 2008-05-14 23:49 | 時事漫言

今日の東急デハ5001号の状況(41)

 諸般の事情によりしばらく間が開きましたが、この件について久し振りに。
 駒場の図書館に本を返す用事がありましたので、そのついでに14時ごろ、渋谷を通った折に写真を撮ってきました。デハ5001号は雨天閉鎖ですが、午前中の激しい雨が上がったので、デハ5001号は開いていました。なかなかきめ細やかな対応です。

(続きを読む)
[PR]

by bokukoui | 2008-05-14 23:39 | [特設]東急デハ5001号問題

地震対策の結果として本が貰えた話

 腰痛がいまいち良くなりません。良くならないのに一層悪くしたような話。

 東京大学では近年、地震への対策として建物の改修を行っておりまして、それはそれで大事なことなのですが、その間改修中の建物に入っている施設が使えなくなったりするのは困るわけです。昨年から今年にかけては、古代から近世の史資料を収める史料編纂所が改修ということで図書室が使えなくなっており、前近代を研究している人たちは大変だなあと思っていました。
 と思ったら、今年から来年にかけて、史料編纂所の裏手にある社会科学研究所の図書室が耐震補強工事で長期閉室ということで、この図書室は良く使っていただけに、うーんこれは困った。蔵書の傾向としても良く使っていたのですが、ここは閉架式なものの出納の方が親切で使いやすかっただけに。

 ですが、上掲リンク先の「社研図書室 長期閉室のお知らせ」の下にずずっとスクロールすると、「不要資料の展示・頒布について」という一項があります。資料整理の際に、不要図書を放出するということのようで。
 このこと、小生同図書館に先日資料を閲覧しに行った際に気がつきました。サイトの文言と違っていますが、実際には「引き取りメモすべし」の部(ワゴン約2台)と、「メモ不要」の部(ワゴン5台)とに分かれていました。前者は紀要の類、後者が種々の単行本でした。
 ので、面白そうなのをせっせと漁って、担いで帰ってきました。腰に来そうな重さでした。戦果はこんな感じ。
f0030574_1836453.jpg
 クリックすると拡大します。(追記:入れ忘れた本があったので写真差し替えました)
 いくらタダとはいえ、読まなさそうな本は放っておきましたが、まだワゴン4台分くらいは残っていた様子。昨日までだったそうですが、来週になっても放出続けてるんじゃないか? と思います。冷戦時代と、80年代のジャパン・アズ・ナンバーワンな時代とを反映した本が多かったので、好きそうな人は拾いに行っては如何。

 ところで、史料編纂所→社研と来ると、建物の並びからして、次に改修・閉室は明治新聞雑誌文庫になるのかな? 戦後の建物の方が戦前のより信用できない、というのは東大の建物ではよく言われることですが・・・。
[PR]

by bokukoui | 2008-05-10 23:05 | 書物

お詫び(帝メ顛末)・腰痛など

 先月、借り物のノートパソコンを座卓の上に置いてせっせとゼミのレジュメ作成に励んでいたところ、月末に報告が終わった翌日(今月1日)の朝の起床時腰に違和感を覚え、現在に至るも無くなっていません。1日のレポが時間かかったり、その後新たな記事を書かなかったり、コメントレスが遅れているのもだいたいそのせいです。
 やはりこの姿勢は良くないので、そのためにも新マシンを導入せねばと思うのですが、ビスタ登場以後の状況がさっぱり分からず、どうしたものやら。旧マシンの周辺機器のうち、キーボードとディスプレイは生きているので、ノートパソコン買ってきて自宅使用時にはそれにつなぐ、というのも、ちょっと考えなくもないのですが。

 さて、表題にあります通り、遅くなって申し訳ありませんでしたが、こちらについて。

(続きを読む)
[PR]

by bokukoui | 2008-05-08 23:57 | 制服・メイド

「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」感想

 (1)(2)(3)(4)とレポが長きにわたった、「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」の個人的感想を簡単に。

 その前に、他の方のレポをご紹介。簡にして要を得ておられるので、当ブログのむやみと長いレポを読むより効率的かと(苦笑)。第2部の飛び入りゲスト紹介の充実振りは他の方のレポよりできがいいと思いますが、そこは枝葉ですしね。

・崩壊日記(出張所) さん「昼間たかしプロデュース「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う-」in阿佐ヶ谷ロフトA」
・実物日記さん「今さらな愚痴。されど。」

 なお、この一連の記事、実際には2日から5日にかけて断続的にアップされております。同じ日のことなので日付をそろえてみたのですが、かえってわかりにくかったかも。

(続きを読む)
[PR]

by bokukoui | 2008-05-01 23:59 | 漫画

「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」レポ(4)

 (1)(2)(3)に引き続き、「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」のレポをお届けします。諸般の事情により遅くなってしまい申し訳ありません(この記事に書いてある時間は実際にアップされた時間ではありません)。レポはこの(4)で完結です。こんなに長くなるとは・・・。

(続きを読む)
[PR]

by bokukoui | 2008-05-01 23:58 | 漫画

「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」レポ(3)

 (1)(2)に引き続き、「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う」のレポをお届けします。諸般の事情により遅くなってしまい申し訳ありません(この記事に書いてある時間は実際にアップされた時間ではありません)。

(続きを読む)
[PR]

by bokukoui | 2008-05-01 23:57 | 漫画