<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近のことなど

 前回の記事に挙げた眠気もネット環境も改善しておりません。

 世間は連休だったようですが、小生は不調のままなすところなく、荏苒とここ一週間を過ごしてしまいました。昨日頃から何とか動き始めては居ますが、何とか今月中には旧に復さないと、諸事の予定がどうしようもなく狂ってしまいます。そうやって焦れば焦るほど眠れなくなって悪循環に陥るのですが。


 そんな日々に、更に落ち込むようなニュースが。

 大江志乃夫氏死去 茨城大名誉教授

 何か一つの時代が移り変わっていくような、そんな感を抱きました。
 上掲リンク先は、大江先生の代表作として『日露戦争の軍事史的研究』を詳しく挙げていたので選びました。新聞の訃報などでは大佛次郎賞を受賞した歴史小説『凩の時』を挙げているものが多いようで、確かに同書は名作と小生も思いますが(当ブログで以前ちょこっと触れました。もう改訂版が書かれることもないのですね)、しかしやはり大江先生の代表作は『日露戦争の軍事史的研究』だと思います。

 なんだかもっとまとまった感想を書く精神的余裕がないのが更に無念です。
 今はただ合掌。
[PR]

by bokukoui | 2009-09-25 19:50 | 出来事

データをサルベージ中

 表題のような状況で、とりあえずデータが全面的に失われるという事態は避けられそうです。
 ですが、とりあえず代替のノートパソコンで諸般の作業を行っているものの、ネット環境はお亡くなりになったままで、復旧の目処は立っておりません。ファイルを送るにも不便なこと限りない状況です。もっとも、小生がファイルを送る先というのは、大体既知の都内の各方面に限られているので、物理的に運搬した方が早いかもしれません。

 そんなこんなで心身ともくたばりきっており、先週来もひたすらなる眠気の前に起きているのか寝ているのか自分でもよくわからないふわふわした状態のままです。いつでも眠いのですが、眠くないのは寝ようと床に就いたときだけです。当然諸事は片付かぬまま。
 連休も雑事に追われるまま過ぎそうです。

 眠気かネット環境か、何れかが改善されればまた何か記事を書きます。
[PR]

by bokukoui | 2009-09-17 18:02 | 身辺些事

パソコン逝く

 青い画面が眼に沁みる状況です。

 前回の記事のように国会図書館に出かけてみたところ、やはり本復していなかったのか悪いウィルスでももらったのか、再度行動不能になって週末~週明けまでを棒に振りましたが、ようようまた動けそうかなというときに、上記のような事態になりました。

 データがお亡くなりになってたら、ますます立ち直れなさそうです。
 とりあえずデータだけでもサルベージする方法を模索しておりますが、こういうときに限って締切がいろいろと・・・

 そんなわけで、メールの返信などもできなくなっております。データがサルベージ出来ても、ネット環境回復はまた別問題のようですので。
 なんともはや、ろくでもない今日この頃。

※本記事は大学の機械で書いてます
[PR]

by bokukoui | 2009-09-09 14:34 | 身辺些事

国立国会図書館での出会い

 今一つ調子も気分も盛り上がらぬ今日この頃ですが、そんなことばかりも言ってられないので、今日も今日とて土曜日にも関わらず、所用で国立国会図書館に行っておりました。

 で、そこで研究室の後輩の某君を見かけたのですが、そんな個人的な出会いは読者の皆様にとってはどうでもいいことですね。それに、研究室の関係者に国会図書館で出くわすことは、別段不思議でも何でもありません。
 問題の出会いとは、お昼頃に館内ですれ違った中年男性のことです。
 どこかで見た顔のような気がするのですが・・・あの厚い唇に見覚えのあるような・・・

 そこでハタと思い当たったのが、原武史氏ではないかと。

 うーむ、原氏にこんな所で出くわすとは意外・・・って、その言い草はないか(笑)
 当ブログの、原氏の鉄道史観批判企画も頓挫したままで、どころか先日放映されていたNHKの番組すら録画したままでまだ見ておりませぬ。なかなかそのような時間的・精神的余裕が・・・。

 ところで、土曜日ともなると国会図書館もいろいろな人がいて、胡乱なつぶやきをしている不審人物とか、操作がちっとも分からず係員を呼びまくっている人とか、はなはだしきはカップルで来て手をつないで館内をうろうろしている徒輩までおりました。もっともカップルの女性は図書館らしく? 髪の毛が真っ黒天然色のままではありました。
 然るに、国会図書館の出納やコピーなどの受付担当の係の方々は、皆さんラフな格好をしておられるのですが(クールビズ?)、中に一人ド金髪で長髪を束ねたあんちゃんがいたのにはちょっと驚きました。しかしそれは驚く方が間違っているのであって、人を外見で同行するような器の小さい人間では、例え真理を示されても自由になることは出来ないのだろうと自己批判します。

 そう、日曜日の選挙の話は幾つか書きたいこともありますが、国会図書館の話をしたところで、心からこう叫ばせていただきます。

戸井田とおる
落選万歳!!!


 小生が斯様に叫ぶ理由は、以下の当ブログの記事をご参照下さい。

「国会議員が『史料』のためにできる(すべき)であろうこと」
[PR]

by bokukoui | 2009-09-05 19:00 | 出来事

このところの調子と当ブログの現状

 暫くブログから遠ざかっておりましたのは、用事が詰まってくる→夜なべ仕事をして片付けようとする→途中で疲れて気づいたら寝てる→用事が片付かない→始めに戻る・・・のループにはまり、自分の意識が起きているのか寝ているのか自分でも不分明で、これの困ったところは回復しようときちんと寝ようとした時に限ってどうにも眠れない状況に陥ることです。一番安定して寝付けるのは電車に乗った時かも知れません。東急8500系最高。東武車は呪われるがいい。
 また、パソコン周辺の挙動も不審で、どうも室温を下げた方が良いようで、そこで冷房を延々とかけることによって機器を操作している人間の方が挙動不審になるという、いろいろ倒錯した状態に陥っておりました。

 そんなわけでインフルエンザとは無関係に、ここしばらくくたばっておりましたが、ここ数日の気候の安定に伴ってか、何とか活動を再開し始めましたので、本欄も更新。
 活動再開で最初にやったことは、連絡を絶って引き籠もっていた各方面への全方位土下座外交でしたが・・・
 選挙について一筆書きたい感はありますが、今だ本復には遠いので、今日のところはどうでもいい話を。

(どうでもいい話なので以下に)
[PR]

by bokukoui | 2009-09-04 23:33 | 身辺些事