<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋葉原通り魔事件の公判の傍聴を試む

表題の如く、秋葉原通り魔事件の初公判が本日開かれます。

たまたま事件に遭遇した者として、傍聴を志し東京地裁に足を運びました。

無論傍聴希望者は裁判所前に行列をなしており、抽選となりました。

結果は外れ。また出直しです。

意外だったのは、傍聴券が四十何枚かに対し、希望者が七百七十何人かくらいでしたので、倍率は二十倍にもなっていないようです。正確な数字はあとで確認します。

(現在出先で携帯電話より更新。このあと所用で大学図書館に籠るので、画像など詳細は今夜更新予定)

※以下は翌々日更新

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-01-28 09:34 | 出来事

今日の東急デハ5001号の状況(55)

 あたふたしているうちに気がつけばこの企画、昨年の11月以来中断しておりました。渋谷自体はしょっちゅう通過しているのですが、わざわざ見に来る気力がなかなか起こらず、前回から2ヶ月を経過した日に渋谷で下車する用事があり、やっと久しぶりに見に行きました。

※その後も所用が山積し、本記事は大幅なバックデートをしております。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-01-25 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題

秋葉原の「安全・安心パレード」 或いは美少女ゲームと「環境浄化」

f0030574_136238.jpg
 秋葉原の中央通りを自由に行き交う人々。これはかつての歩行者天国の情景かといえばそうではなく、先月のものなのです。

 すっかり時機を逸した話で申し訳ありませんが、昨年12月19日に秋葉原で行われた、安全・安心をアピールしたパレードの話題をお届けします。これは秋葉原通り魔事件後、防犯に地域ぐるみで取り組んでいることをアピールするものだそうで、千代田区や地元の商店会などが肝煎りのもののようです。何でも、事件以後中断している歩行者天国をどうするのか、今年春には討議に入るのだとか。
 秋葉原通り魔事件にたまたま遭遇してしまった小生としましては、この街の行く末にいささかの関心を抱かずにはおれませんでしたが、幸いある方面からこのパレードに関する画像などを入手しましたので、ご紹介する次第です。紹介が遅れましたのは、ここしばらくどうしようもないだるさと眠気で思いのままにことが進まず、そんなときに限ってアルバイト何ぞで僅かな活力も吸い取られてしまっていたためです。何卒ご諒承の程。

(写真が多いので続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-01-22 23:59 | 時事漫言

オタクとクリスチャンとミリタリーと

 今頃ようやく年賀状を投函したくらいへたれている今日この頃ですが、冬季講習が終わったと思ったら直前講習だったり、一つ原稿を出したら直ちに次の締切だったり、そんなこんなでへたれた状況は変わらず、何事もはかばかしくは進まず、部屋片付けの夢も夢のまま過ぎつつあり、新年早々意気揚がらぬこと夥しいものがあります。
 しかし、愚痴ばかり書き連ねるのも何なので、今回は当ブログにとって大変有り難いことがありましたので、その恩寵をより多くの方にも受け取っていただきたく、以下にご紹介させていただきます。

 昨年、当ブログでナヲコ先生の『なずなのねいろ』2巻が発売されたことを機会に、「ナヲコ『なずなのねいろ』各巻のウェブ上感想リスト」と題して、同書のウェブ上での感想をリスト化して紹介しました。その中で、『なずなのねいろ』に限らずナヲコ作品の感想としてもっとも小生が感銘を受けたものとして、「鳩の切り売り・量り売り」というブログの記事を取り上げました。該記事でも書きましたが、小生がこのマンガの感想ブログを特に興味深く読んでいるのは、この執筆者の方がクリスチャンであることをしばしば記事中で言及されており、反キリスト教的偏見を垣間見せる人が決して少なくない印象を受ける(回りくどくて済みません)所謂「オタク」界隈で、このような方の書かれる感想に出会えたことを貴重な経験と感じたからです。
 誤解を招かないように書いておきますが、「鳩の切り売り・量り売り」さんの個々の感想にキリスト教的な影響が直ちに見て取れるわけではありません。それでは下手をすればただのプロパガンダです。そうではなくて、あれだけの質量のマンガの感想を記せるだけの「オタク」的な素養(紹介されているマンガの傾向からすれば、そのように規定しても問題はなかろうと思います)を持っている方が、同時に信仰について真摯に考えておられるクリスチャンの方だった、ということに小生は大変関心を惹かれたのです。

 さて、「鳩の切り売り・量り売り」さんにはトラックバック受信機能がないので(コメント欄もメールアドレスもありませんが)、小生としては当ブログでご紹介申し上げた以上のことはしていなかったのですが、「鳩の切り売り・量り売り」さんの方で、当ブログ経由のアクセスがあることに気づかれ、昨年の大晦日付で以下のような記事を執筆されていました。

 ・オタクとクリスチャン
 ・美少女とミリタリー/クリスマス粉砕デモ

 表題の通り、オタクとクリスチャンの関係について、更にそこから敷衍しての、あびゅうきょ作品を枕にしての美少女とミリタリーの関係について、さらに、先日の革命的非モテ同盟主催「クリスマス粉砕デモ」の記事をお読み下さったようで、クリスチャンから見たクリスマス観にまで及んでいます。大変読み応えのある記事で、当ブログを読んで下さるような趣味嗜好の方の多くにとっては得るところのきっとあるものと思いますので、是非リンク先をクリックしてみて下さい。

 このような大変充実した記事を、当ブログでの紹介記事に応えてご執筆いただいたことは、何より先ず嬉しく有り難く光栄なことで、心から「鳩の切り売り・量り売り」さんに感謝申し上げます。
 そして小生としては、それに相応しいだけの真摯な紹介記事を書いていたか、思い返して忸怩たるものなしとしません。引用されているキリスト教を敵視するオタク像の箇所など、かなり適当な姿勢で書いていることが明らかですから(秀吉の禁教令はどなたもお分かりと思いますが、「北山南河は邪宗の都」というのは、これまたオタク――に限らないかも知れませんが――に敵視されることの多い、創価学会の事実上の会歌「威風堂々の歌」の一節です。しかも3番)。

 さて、当ブログのかかる適当な紹介記事に「協賛」して、これほどの記事を書かれたからには、ただまた紹介するだけでは礼に悖るものと思います。といって、すっかりへたれている小生の現今の状況では、残念ながらあまり大したことは書けそうにありません。大きな話は労働収容所組合猊下(ブログツイッター)にお任せして、ひとまず逐条的に二三の思いつきを記してみようと思います。

(以下は断片的思いつきなのでお暇な方のみどうぞ)
[PR]

by bokukoui | 2010-01-13 23:36 | 思い付き

新年とも思えず

 今更松も取れる頃ですが、新年あけましておめでとうございます。
 本年も何卒ご愛顧のほどお願い申し上げます。

 小生の年末年始は、大晦日に書いたごとく、何事も思うに任せず過ぎてしまいました。その後も半ばくたばりかけながら諸事を遅れつつも少しづつ片付けてはおりましたが、休養して回復した体力が予備校アルバイトにことごとく吸い取られてまたくたばる繰り返しで、気づけば年が明けて一週間経っておりました。なにせ昨年末、専任の国語の講師が倒れたとかで、急遽受験生向け現代文・古文の講義をすることとなったのですが(しかも引継ぎなし。教材研究も小テストもいきなり自分でやる羽目に)、冬期講習になってコマ数が倍増し、それまで何とか回していたやりくりがつかなくなってしまいました。
 そんなこんなでぐったりと日を送っております。さらに最近、むやみと手が冷える冷え性の症状に悩まされ、手がかじかんでミスタイプが続発して作業効率が下がり、そこで手袋をしてもやっぱりそれはそれでタイプミスを誘発するのでした。

 あんまり新年冒頭から景気の悪い話ばかりもなんですが、一応冬期講習の怒涛も乗り切り、論文と原稿も区切りはつけたので、これから段々よくなっていくと思いたいところです。
 もう少し余裕ができたら、多少のネタもありますので記事を書きますし、またコメントの返信もいたしますので、今しばしお待ちください。
[PR]

by bokukoui | 2010-01-08 18:50 | 身辺些事