<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

講演会「第一次世界大戦における海軍と外交」@五月祭 無事終了

 先日来当ブログでも告知に努めておりました、東大の五月祭での講演会「第一次世界大戦における海軍と外交」が昨日無事終了しました。
 正直告知が後手に回ったので、どれほどの来場者があるか心配だったのですが、蓋を開けてみれば満員御礼といっても良いくらいの入りで、まことに嬉しい結果となりました。
f0030574_074645.jpg
講演会の様子 聴衆で一杯の教室

f0030574_084248.jpg
受付の様子 大きなポスターが人目を惹き、撮影する人も

 上の写真は肖像権を考慮して、ちょっと小さめのサイズに調整してありますが、会場の入りの具合はお分かりいただけようかと思います。12時半の開始時点ではやや入りが少なく、知り合いの顔が目立つ感じもありましたが、幾ばくもなく会場はご覧の通りになりました。学園祭の一環ということを考慮し、入退場自由なのは勿論、三つの講演毎に長めに休憩を取って出入りしやすくしましたが、かなりの方が全ての講演を聴いて下さったようですし、また講演の途中で中座される方もほとんどいませんでした。それだけ、皆さん講演を面白く聞いて下さったのだと思います。これほど成功と言えることはありません。
 素晴らしい講演をして下さったいぎしさん・新見さん・大塚さんと、企画の黒幕の金剛会諸氏、そして聴衆の皆様に感謝申し上げる次第です。

 さて、もし期待して下さった方がおられましたら申し訳ないのですが、前回の講演会については当ブログでレポを掲載しましたが、今回は諸事多忙につきレポが掲載できませんことをお詫び申し上げます(都条例関係のイベントレポより、講演会のレポを書いた方が、当ブログの読者層にとっては良いのかも知れませんが・・・)。今回はまた、小生が司会や案内などいくつかの業務を講演会中行っておりました関係で、メモを全く取れていないのも理由です。
 司会は成り行きで務めることになってしまった(誰かに押しつけるつもりが忘れていた)のですが、要領の悪さで講演者や聴衆の方々にご迷惑をかけなかったか・・・質疑応答の時、見落とした質問希望の方はいなかったと思いますが。質疑と言えば、今回の講演会でも結構多くのご質問を聴衆の方からいただきましたが、この手の講演会でありがちな(苦笑)自分語りとか始めてしまう困った人がおらず、よく講演を聴いた上で発せられた質問ばかりだったのは、この講演会の成功をもっとも良く表していると思っています。それだけ聴衆の方にも講演の面白さがよく伝わっていたわけで、喜ばしい限りです。・・・余計な話をしたといえば、司会者がついスション提督の敗戦時のエピソードなどついでに紹介してしまったりしましたが、ぶちこわしになっていなければ幸いです。
 講演の内容については、なにがしかの形で纏めて提供することも考えられておりまして(実現するか不明ですが)、気長にお待ちいただければと思います。

 さて、以下ちょっと五月祭関連の余談など。

(以下余談)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-30 23:59 | 歴史雑談 | Trackback(1) | Comments(4)

【告知】講演会「第一次世界大戦における海軍と外交」@東大五月祭

 5月29日(土)、五月祭中の東大本郷キャンパスにて、講演会「第一次世界大戦における海軍と外交」が開かれます。ご関心のある方は是非お越し下さい。
f0030574_126211.jpg


(詳細は以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-29 12:30 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(0)

続・出版労連主催「東京都青少年条例の改悪に反対」集会見学記

 「出版労連主催『表現の自由への規制を許すな! 東京都青少年条例の改悪に反対』見学記」の記事が長すぎてひとつの記事に入りきれなかったので、やむなく一部をこちらに移します。メモを取った時にはそこまで長くなるとは思わなかったのですが、割とメモの取りやすい発言の多い集会だったので、圧縮する余計な部分が少なかった=それだけ密度が濃かった、ということかもしれません。

(詳細は以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-25 23:59 | 漫画 | Trackback | Comments(2)

出版労連主催「表現の自由への規制を許すな! 東京都青少年条例の改悪に反対」見学記


 ここんとこ「統一協会が秋葉原でデモ行進 『児童ポルノ規制強化』を訴える」「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」で、何だか表現規制問題研究ブログのように思われていそうな当ブログです。本当はそうじゃないつもりですが、また東京都青少年条例関係の話題です。
 それは、上に挙げた、先週月曜日豊島公会堂でのイベントなどで開催を知った、以下のような集会です。
6月の都議会へ継続審議となった「青少年健全育成条例」改正案は、「不健全」図書の規制にとどまらず、市民個々人をも規制するものです。この集会では、改正案の問題点を専門家に指摘していただきます。表現の自由を守るため、あらためて条例改悪に反対の声をあげましょう。

「表現の自由」への規制を許すな!
~東京都青少年条例の改悪に反対

・パネリスト
 藤本由香里氏(評論家、明治大学国際日本学部准教授)
 田島泰彦氏(上智大学文学部新聞学科教授)

・コーディネーター
 長岡義幸氏(フリーランス記者)

・日時:5月25日(火)18:30~20:30
・会場:中央大学駿河台記念館670号室

・主催:日本出版労働組合連合会(出版労連)
 というわけで、出版労連主催の集会です。イベントの概要は出版労連のサイトおよび広報ビラをご参照下さい(上のイベント概要は、ビラと当日のレジュメを合成したものです)。この集会が誂えたように、小生の大学の帰りに寄っていけという場所と時間でしたので、覗いてみた次第です。

(詳細は以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-25 23:58 | 漫画 | Trackback | Comments(2)

後輩が「鳩山首相を暗殺して歴史に名を残したい」と電話してきました

 題名からするとなんだか林先生の「精神科Q&A」みたいですが、そして実際そんな一面もあるのですが、この記事は一応、先日の当ブログ記事「それでも、オタク達は『自民党』を選んだ」の補足みたいなものです。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-22 23:59 | 思い付き | Trackback | Comments(7)

「都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」レポの続き

 5月17日に豊島公会堂で開かれた「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」のイベントレポの続きです。前篇記事「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」をお読みの上、本記事をお読み下さい。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-17 23:59 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」

 昼間たかし氏に極めて個人的な用事があったので、氏も取材か何かで来ているであろう表題のイベント「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」に行って参りました(考えてみりゃ東大構内で掴まえられれば良かったんですが)。
 で、会場の豊島公会堂の前で無事に氏と出会い、用件を伝え、ついでに都条例問題を受けて緊急発刊された『マンガ論争2.5』を一部購入し、しかしそれで帰るのも何なので、話を聞いてきました。この会場では3年前の5月に「同人誌と表現を考えるシンポジウム」が開かれ、当ブログでもレポをアップしました。今回はその当時と比べてもネット関係のメディアが進歩し、動画のネット中継もなされたそうので、レポは今更と思わなくもないですが、3時間のイベントの動画をひたすら見るのも大変といえば大変でしょうし、当ブログの普段の傾向とは逆に、箇条書きによる要点のみの紹介にとどめておきます。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-17 23:58 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

「秋葉原協定」の内容と啓蒙浸透活動、巡回パトロールの状況

f0030574_23513666.jpg
「秋葉原協定」のビラをメイドさんに渡す防犯パトロールのボランティア

 2008年の通り魔事件以来、歩行者天国が中止されている秋葉原ですが、最近歩行者天国復活への動きがぼつぼつ伝えられています。以前から地元による防犯パトロールは折々行われてましたし、当ブログでも昨年12月の大規模な「安全・安心パレード」について報じました。また、秋葉原では今年に入って防犯カメラが設置されましたし、先月末には「秋葉原協定」というものが官民合同の検討会によって結ばれまして、これはルールを定めて街の安全・安心を作っていこう、というものだそうです。これも歩行者天国の復活に向けた活動の一環と言えるようです。あのような理由で歩行者天国がなくなったことは、事件に巻き込まれた者としても腹立たしいことでしたので、復活は大変望ましいことと思います。
 で、その秋葉原協定に関する資料を、たまたま小生手に入れまして、またこれもたまたまですが、本日行われた秋葉原の防犯パトロール(これは秋葉原協定の周知も兼ねていたそうです)の様子もある程度判明しましたので、以下にお伝えします。今「秋葉原協定」で検索してみましたところ、既に策定から半月を閲するにも関わらず、その内容の具体的紹介がネット上で見つかりませんでした(千代田区万世橋署のサイトにも見あたらず)し、また関係者からネット上での広報を歓迎する旨聞き及んでおりますので、以下に紹介させていただきます。

(引用が長いので続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-15 23:59 | 時事漫言 | Trackback(1) | Comments(10)

百合アンソロジー『つぼみ vol.6』 略感

 所謂「百合」のマンガの季刊誌『つぼみ vol.6』(芳文社)が本日発売になりました。まあ実は昨日、大学近傍の書店で売っていたので既に買い、帰途に読んでしまっていたのですが。
 で、『つぼみ』シリーズは小生も今までに何冊か読んでおり、そのたび当ブログに感想を書こう書こうと思いながら、結局書くことがないまま今日に至ってしまいました(苦笑)。今回くらいは簡単に一筆しておきたいと思います。
 収録作品は以下の通り。

カトウハルアキ カバーイラスト
かずといずみ カラーイラスト

大朋めがね「Green.」1話
玄鉄絢「星川銀座四丁目」5話
鈴木有布子「キャンディ」2話
きぎたつみ「ロンサム・エコー」上編
天野シロ「あこがレディをもみタイム」
水谷フーカ「はみだし音楽隊」
関谷あさみ「無限遠点」3話
犬上すくね「はさみとゆび」
カサハラテツロー「タンデムLOVER」2話
コダマナオコ「レンアイマンガ」1話
藤が丘ユミチ「エンドレスルーム」
縞野やえ「ダーリン・ダーリン」前編
矢直ちなみ「一緒にかえろう」
青木俊直「SWEET LIPS」
磯本つよし「ガールズライド」2話
森永みるく「ひみつのレシピ」5話
ナヲコ「プライベートレッスン」3話
吉富昭仁「しまいずむ」10話
 で、本書は帯に「読み切りいっぱい」と書かれてはいますが、収録作品一覧を見れば明らかなように、むしろ続き物(連作短編・他誌連載作品の出張を含む)がざっと三分の二を占め、これは今までと比率が逆転している位だと思います。特に今回第1話だとか前編とか上編とかになっているのが4篇もあり、続き物重視の雑誌へと方向転換を図るのでしょうか? となると、やはり次まで3ヶ月というのは長いので、季刊からより短期間への刊行をめざしているのでしょうか? vol.5と同じページ数なのに収録本数は増えているのも、そんなことを感じさせます。

 有り体に言えば、小生は本誌をナヲコ先生の作品目当てで買いだしたので(『月刊COMICリュウ』の場合と同じですね)、特に「百合」に対するこだわりは無いのですが(小生の「百合」ジャンル観についてはいつか機会を見て一筆出来ればと思います)、そのような「百合」に対し縁の薄い読者にも取っつきやすい話が多い雑誌と思います。それは本誌の諸「百合」作品が、単純に女の子同士のいちゃいちゃ度を競うのではなく、いわゆる恋愛にとどまらない多様な関係にも広がっているものがそれなりにあるからではないかと、勝手に思っています。もしかすると、そのように様々な関係を丁寧に描くには、続き物の方がより適している、ということかもしれません。

 それでは個別作品の感想を、思いつくままいくつか簡潔に。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-12 23:59 | 漫画 | Trackback(1) | Comments(0)

それでも、オタク達は「自民党」を選んだ

 本記事は一応、一つ前の「『青空にとおく酒浸り』単行本化記念で『COMICリュウ』近号雑感」(例によって完成まで時間がかかってすみません)の続きではありますが、別段前の記事を読む必要はありません。
 また本記事の内容については、諸資料をより収集検討し、ネット上の情報を丹念に検索することによって、その内容を充実させることは可能と分かっておりますが、そんなことに時間も労力も割く気もないし余裕もないので、甚だ雑駁なものとなっております。しかし物言わぬは腹脹るると申しますし(いつもこのフレーズ使っているような)、最近身近で接した出来事に思うところもあり、頭の中にぼんやり廻っていることを書き留めておきます。
 なお、タイトルに深い意味はありませんが、突然天から降ってきた電波に逆らいようがなかっただけですので、あまり気にしないで下さい。

(以下は断片的思いつきなのでお暇な方のみどうぞ)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-11 23:59 | 思い付き | Trackback(1) | Comments(17)