<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『COMICリュウ』附録『リュウH』雑感及び性的表現に関し思いつき

※本記事は7月末日掲載予定で書き始められたものが、7月後半よりの心身ともの不調で延引し、それでも何とか8月末の時点(こちらの記事を完成させた直後)でほぼ完成するところまで書き進められておりましたのが、あと少しというところでまたダウンしてしまい、その後さらに一月以上を経て多少の加筆修正を施し、漸くアップするに至りました。しかし8月末現在として書いた部分を直すのも面倒ですし、そもそも時事的な流れにはすっかり取り残されてしまっている記事を今更10月の日付で掲載するのも何なので、この日付の記事ということにしてあります。この間の経緯はこちら及びこちらの記事にあるとおりです。何卒ご諒承下さい。


 とうとう予定の半分も片付かぬまま、8月も終わろうとしております。暑さもあって何もかも億劫になっていた我が身の不徳の致すところではありますが。
 で、ブログの方も予定している記事は幾つもあるのですが、大幅に積み残しております。そのような不良債権的記事中でも最も問題だったのが、先月20日のロフトプラスワンのイベント月刊『創』主催の「マンガの性表現規制問題徹底討論」のレポでした(苦笑)。前篇はともかく、後篇「続レポ・『マンガの性表現規制問題徹底討論』および雑感」はイベント3日後に途中まで書いてアップしたまではまあいいとして、その後1ヶ月以上放置しておりました。
 が、やっとこさ数日前に、今更ですが、完成させておきましたので、奇特な方はどうかご参照下さい。該記事の末尾に書きましたように、動画中継やツイッターなどのある昨今にまとめでもあるまいかと思って途中で書く気力を喪失していたのが直接の理由でしたが(反響もなかったし)、少し時間をおいて考え直すことにも多少の価値はなからんかと思い、レポを纏めておいた次第です。しかし、例によって例の如くというか、時間が経って考え直せば考えは拡散して纏まるはずもなく、結局レポまとめの落ち穂拾いとして本記事を書いておくこととしました。

f0030574_2535158.jpg で、それはそれとして、これまたブログに書くのを積み残して翌月の号まで発売されてしまいましたが、『月刊COMICリュウ』2010年9月号(7月発売)の附録冊子『リュウH』について一筆をば。左の表紙画像の画質がいまいちなのはスキャナがないものでご寛恕ください。公式サイトとかにも表紙が掲載されてないんで・・・

 この附録冊子は、『リュウ』本誌連載作品の中から4作品を選んで、「エッチ度200%アップ」な番外編としたものだそうです。以前に「『リュウ』編集部はえっちな漫画を出してみたかったんじゃないか」だとか『裏・COMICリュウ』とでも題して、今の連載陣でエロマンガ雑誌を出したらどうかなどと半分冗談で書いておりましたが、本当になって嬉しいというか正直びっくりしました(笑)。
 で、連載陣の中から『リュウH』に選ばれた栄えある? 作品は以下の通り(掲載順)。

 ・いけ「ねこむすめ道草日記」
 ・ナヲコ「なずなのねいろ」
 ・天蓬元帥「ちょいあ!」
 ・アサミ・マート「木造迷宮」


 それにしても、今にして後悔しているのは、上に挙げた「マンガの性表現規制問題徹底討論」のイベントの前に、これを読んでいかなかったことです。買ってはいたんですけど、例の如く読んだのは月も改まってだいぶ経ってのことでした。読んでいれば、大野修一『リュウ』編集長にいろいろ問い質したんだけどなあ(笑)。このイベントの日、(あんな質問をしておいて)終了後大野編集長に『非実在青少年読本』にサインして貰いました。そのついでに多少お話をさせて貰ったのですが、『リュウH』を読んでいれば作家のセレクションの理由とか、『リュウ』の今後のH方面の展開構想とか聞けば良かったのに、と後悔している次第です。
 その際のことは、一月以上経っているので、細かいことはあやふやになってしまっていますが、安永航一郎『青空にとおく酒浸り』の単行本がなかなか出ず、今でも3巻までしか出ていない(5巻は出せるはず)のは、安永先生にその気がないから(たまたまそうでもなかった時期に、単行本企画を進めたそうです)であって、雑誌を買わせようという編集部の陰謀ではないそうです。安永先生のさる旧作が最終巻が出ないまま数年経っているのは編集部となにやらあったためらしいですが、『リュウ』編集部はそんなことは現状ないようなので、読者は瀬戸内海の西の方に「単行本だせ~」と電波を送りながら気長に待つとしましょう。
 なお、『非実在青少年読本』について大野編集長がインタビューを受けている記事(の転載)を発見しましたので、以下にご紹介しておきます。
 大野編集長からは、短い時間のお話でしたがいろいろな企画を立てて『リュウ』を盛り上げていこうという熱意が感じられ(押井監督の本は売れたので続篇を出すとか、プラモ関係の企画とか)、最近は長期連載作品がいくつか完結を迎えたりもしていますが、今後ともいろいろ展開していくようです。『リュウH』も、『非実在青少年読本』にとどまらず、実際にマンガで非実在青少年の「H」なものを実践しようという試みなのかも知れません(そういえば、『非実在青少年読本』のアンケートに答えているマンガ家や作家には『リュウ』関係者が十数名もいるのですが、『リュウH』の執筆者とは一人も重なっていないんですよね)。
 あ、そうそう、ナヲコ先生の担当編集者は大野編集長ご自身だそうで、・・・ということは『なずなのねいろ』1巻や『からだのきもち』巻末あとがきマンガに出てくる編集者って、大野編集長だったんですね。ナヲコ先生の描いた大野編集長像を、『とりから往復書簡』での大野編集長の描かれ方と比べると、なかなか楽しめます(笑)

 というわけで話を戻しまして、『リュウH』の掲載作選びの基準は不明ですが、ナヲコ先生の登板はまずもって順当ですね。他の方の作歴はよく存じませんが、商業誌で成年コミック描いていたのはナヲコ先生だけ・・・でいいよね?
 で、高校生青春三味線マンガがどう「H」になるのか? 三味線とエロといえば小生がまず思いつくのは、中島らも「寝ずの番III」です。「寝ずの番」は映画化されてまして、予告編はネット上で見ることが出来ます(リンク先はいきなり音声が出るので注意)が、この中で堺正章や中井貴一などが演っている、こんなのを三味線部のみんなで歌うってのは・・・違いますかそれ。確かに津軽三味線と今里新地の芸者の三味線はそりゃ違・・・以前の問題ですね、はい。
 閑話休題、「なずなのねいろ」の『リュウH』版とは、花梨さんと眞さんの二人のお話でした。本編で既にただならぬ関係であったことがそれとなく描かれていた二人の関係が、過去に遡って描かれます。親族関係としては姪と叔父が、三味線の弟子としては先輩(兄弟子ならぬ姉弟子?)と後輩、という捻れた関係だった二人が、眞さんが三味線を捨ててギターに持ち替えたことをきっかけに、一線を越えていくのですが・・・花梨さんの表情が素晴らしいですね。
 そして、本作は12ページの短編ですが(最近は「なずな」の連載は毎月12ページなんですが)、この後ろにあと4ページ「然るべき」続きを描き足せば、その昔の『COMICアリス倶楽部』なんかの掲載作同様に・・・と前世紀以来の読者である小生はつい思ってしまいましたが、それだけ誌面に直接描かれていなくても、余白に感じさせるものがあるわけで、それこそはナヲコ先生の特長であると思います。

 他の作品について簡単に触れておくと、いけ「ねこむすめ道草日記」はスケベな河童が盗撮を試みる話ですが、むしろいつもの「道草日記」と同じく楽しいのどかなお話であっても、そんな「H」ってわけでもないと思います。天蓬元帥「ちょいあ!」は・・・こういう即物的なハダカの描写は中学生が好きなんじゃないでしょうか、こういうのは。アサミ・マート「木造迷宮」は4ページの掌編で、ヤイさんが行水中わんこにじゃれつかれてどうこう、というたわいない話ですが、ヤイさんのおみあしの描写に力があり、特に足の裏がなかなか。大谷崎を彷彿・・・ってのは流石に褒めすぎか(この号の『リュウ』本誌の4コマに谷崎が登場してたなあ)。
 というわけで、「H」といっても4作品は異なっていて、そこらへんが大野編集長の狙いでもあったのかなあと思います。とはいえこの4作品を比較すると、ナヲコ先生の作品の「H」さはかなり性格が異なっているように感じられます。先にも書きましたが、直接的に脱いでるとかはだけてるとか、そういう描写は「なずな」にはないんですけど、読者の心の中に想起されるものが圧倒的に「H」だってことです。
 もっともそれだけに、一見してはその意味がわからず、ネット上では『リュウH』のレビューで「なずな」を「エッチじゃない」などと書いている輩もいたりするわけですが・・・まあ本編の文脈にも多少依存している以上、そういう感想が出るのもしょうがない、かな・・・しかし即物的な描写ばかりに目を奪われるのも、ちょっと寂しい気もします。
 で、そんなナヲコ先生の特長(もちろん直接的描写もその気になればすごいことは、『Sweet Sweet Sister』読者ならご存じでしょうが)を発揮した本作について、作者ご自身がツイッターでご感想を述懐しておられましたので、以下に引用紹介しておきます。

つくづくおきらくHが描けないらしい…。←リュウHを見ながら
3:30 PM Jul 20th webから

 決してそうではないと思いますが、そうと仮定したところで、それは作者の個性として特長と捉えればよいものと愚考します。

 さて、以上マンガと「H」、つまり性的描写の話をして参りまして、またこれまでにも東京都条例案の「非実在青少年」問題に関連するなどして、この種の話題を当ブログでいくつも扱ってきましたが、それについて今まで書き漏らしたようなことを少し補足しておきたいと思います(大まかには今まで書いたことと重なっていると思いますが)。この問題に即していえば、ナヲコ先生の作品は、直接的描写は一見おとなしくても、含むものが別個あるところに、性を描写することの面白さや奥深さ、表面的な規制では掴みきれない何かが存在していることを示唆するようにも思います。
 それはともかく、以下は纏まらぬ思いつきの雑彙なのでお暇な方だけどうぞ。

(纏まらぬ思いつきの雑彙なのでお暇な方だけどうぞ)
[PR]

by bokukoui | 2010-08-31 23:59 | 漫画

夏も終わり、かどうか

f0030574_005087.jpg
 多少は涼しくなった、のかどうでしょうか。
 暑さに溶けきって何事も思うに任せずにいたここしばらくで、一時は下血したり朝起きたら××していたりする有様でしたが、一応ここ数日は回復基調のようです。といっても一日の活動時間が1時間から3時間になったくらいですが。
 「夏の祭り」らしいことは特になく今夏は過ぎそうで、いろいろ所用山積な以上、それ自体はやむを得ませんが、あんまり溶けすぎて、肝心の諸事が大体予定から一週間乃至十日遅れくらいの感じです。むむむ・・・

 上の写真は、いつぞや書いた池袋の「中華街」の中でも、もっともディープと言われる知音食堂が店の前に出していた看板です。もっともだいぶ前なので、このセールはもう終わっていると思います。ちなみに瓶ビールが280円とセールだったのは、実は国産ビールでも青島ビールでもなく、燕京ビール(皆さんご存じですか? ちょっと薄味・・・な中国産ビールです)だけが対象だったとか。
 池袋「中華街」ネタはじめ、書きたいと思うことはいろいろありますので、諸事片付けつつそっちもできればと思います。池袋ももうちょっと気候が良くなれば呑みに行きたいところです(本来は猛暑の時こそ四川料理なのかも知れませんが)。

※追記:池袋中華ネタの続きはこちら
 →「爆発!? する中国製「燕京ビール」を池袋で愛飲してた話」
 →「池袋で犬を食い白酒を呑んだ話・つづき 白酒飲み比べ談」
 →「池袋で犬を食いそびれて餅を食った話」

 ところで先日書いた「今日の東急デハ5001号の状況(60) 地域・東急関係の情報もあり」の中で、東急5000系の解説パンフでも作れればなあ、という願望を書きましたが、早速コメント欄に反響をいただきまして、正直マイナーきわまりない当ブログでは思いがけないことと驚きつつも大変嬉しく思っております。思いを同じうする方がいるとなれば、実現可能性も高まります。ご関心のある方のご協力・ご意見を引き続きお願いすると同時に、近日中にまた様子を見てきます。
[PR]

by bokukoui | 2010-08-25 23:59 | 身辺些事

近況及び「今日の東急デハ5001号の状況(60)」更新お知らせなど

 順調に当ブログの更新が滞っております。更新する内容自体は結構あるのですが、というか頭の中で予定している記事は10本以上あるのですが、どうにも身体が動きません。三日と挙げずに一日中懈さが酷くて何も出来ないような状況が続き、懈さと眠さのあまり昼食も摂らずに意識が飛んでいたという日も珍しくなく、そのために片付けるべき仕事はちっとも進まず、ますます気分は沈滞して身体的にも良いことはなく、事態は悪化するばかりであります。
 とはいえ引き籠もってばかりもおられませんので、取り敢えず一つ記事を更新しておきました。


 副題の通り、現場で5001の保守にあたっておられる方が東急電鉄に行ってみたら、何ともトホホな事態が起こったことなどを報じておりますので、ご関心のある方はどうぞ。取材日の関係から、トップに持ってくることが出来ないので、特にここで紹介しておきます。

 もう少し涼しくなってくれば、多少は活動が回復するかも知れませんが(というか、回復しないといろいろと困ることばかりなのですが)、長期の半引きこもり状態で退嬰的になっておりますので、お暇な方は何かありましたら声を掛けてやって下さい。無理にでも約束や締切を作らないと、多分完全な引きこもりになりそうで。
[PR]

by bokukoui | 2010-08-20 23:57 | 身辺些事

百合アンソロジー『つぼみ vol.7』略感~百合のつぼみを召し上がれ

 しばらく間が空いておりましたが、その事情説明や言い訳はとりあえず後回しにして、旬の話題で更新しておきます。

 というわけで、以前当ブログでも vol.6 の感想を書いた、百合アンソロジー『つぼみ』の最新刊の感想を簡単に。同誌はこれまで季刊だったのが、これからは隔月刊化するそうです。前回書いた予想が当たりましたね。
 なお、小生のマンガ読みに際しての師匠の一人であるたんび氏が、小生のお貸し申し上げた『つぼみ』の vol.3 と vol.5 の感想を書かれておりますので、同誌にご関心のある方は是非ご一読を。貸した当人は感想を書くことがあるのかというと、まあその・・・。


 で、初手から話が逸れますが、今回の記事の表題に何か気色悪い副題が付いているのは、先日(といっても結構前のことですが)「百合のつぼみ」を食べる機会に遭遇したからであります。
f0030574_23175712.jpg
 その時カメラを持っておらず、携帯電話附属のカメラでの撮影なので、画質が悪いのはご寛恕ください。
 これは渋谷の台湾料理の有名店・麗郷で某日食事をしておりましたところ、メニューに「百合の花炒め 鮮炒金針花」とあった料理です。メニューには百合の花とありましたが、これは見ての通りつぼみですね。味はアスパラガスの穂先に似ていますがより上品で、歯触りはアスパラの穂先よりもシャキシャキと心地よく、花のつぼみだけあって爽やかな香りも微かにする、なかなかの品でした。お値段も結構でしたが(1500円)。
 ところで「金針花」という文字に何か見覚えがあった気がしたので、いつぞやも猫を食う話でネタ本にした石毛直道『鉄の胃袋中国漫遊』のページを繰ってみたところ、この食材が出ていました。四川省の重慶で屋台の火鍋屋の具材として登場していましたが、四半世紀前と比べて日本でも火鍋はメジャーになったなあという感慨はさておき、そこでは「金針菜」とありましたが、写真で見る限りは同じもののようです。何でもこれは、ユリ科のカンゾウ(萱草)という花のつぼみなんだそうで、なるほど「百合の花」ではあります。カンゾウは和名を「忘れ草」ともいい、これを食すと憂いを忘れるとの言い伝えがあるそうです。
 『つぼみ』編集部が作家さんを招いて「隔月刊化記念パーティー」とかやる場合は、是非中華料理店で開催し、このメニューをメインに据えていただきたいものです。

 余談はさておき、今回から隔月刊という発展を遂げた本誌、公式サイトも出来たそうです。11日発売となっておりますが、今日の内に手に入れて読んでしまいました。隔月刊化でも「お値段・ページ数はそのまま」らしいですが、その割には高いな・・・と思ったら、今回は何やらイラスト集の小冊子が付いてきたためのようです。
 それでは、以下に収録作品の一覧を上げておきます(小冊子を除く)。
西E田 カバーイラスト
ヤスダスズヒト カラーイラスト

吉富昭仁「しまいずむ」その11・その12
水谷フーカ「ロンリーウルフ・ロンリーシープ」第1話
かずといずみ「めとらば」前編
コダマナオコ「レンアイマンガ」第2話
カサハラテツロー「タンデムLOVER」#3
かがみふみを「なかよしにっき」
大朋めがね「Green.」episode:2
三谷知子「ニックネーム・アパート」
杉浦次郎「わんらぶ」わんこ2
きぎたつみ「ロンサム・エコー」中編
藤が丘ユミチ「エンドレスルーム」vol.2
磯本つよし「ガールズライド」#3
縞野やえ「ダーリン・ダーリン」後編
由多ちゆ「わたしの花」
ナヲコ「プライベートレッスン」#4
玄鉄絢「星川銀座四丁目」(話数表記なし)
玄鉄絢「caterpillar & butterfly」
 これまで「読み切りいっぱい」を標榜していた同誌でしたが、前号から既にそのきらいはあったとはいえ、隔月刊化によって収録作品の三分の二あまりが続き物になってますね。これには賛否両論ありそうで、一つの作品世界がじっくり掘り下げて読めるのは有り難いことですが、これまでの『つぼみ』の良いところだったと個人的に考えている、「百合」の中での多様さのようなものが損なわれないで欲しいところです。小生としては、ナヲコ先生の作品がより高頻度に読めるということで勿論大歓迎です(笑)。

 それでは例によって個別作品の感想を、思いつくままいくつか簡潔に。簡潔にとスローガンを掲げて簡潔になった試しがあんまないのですが・・・努力します。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-08-10 23:59 | 漫画

今日の東急デハ5001号の状況(60) 地域・東急関係の情報もあり

 まるまる二月も間が空いてしまいましたが、そして記事の掲載も大幅に遅れましたが(大幅なバックデートをしての掲載です)、当ブログ定番の報告です。間が空いた代わりといっては何ですが、今回はデハ5001を巡る現在の状況についても報告があります。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-08-01 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題