<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日の東急デハ5001号の状況(67)

 いろいろと思わされるところあってしばらく沈滞しきっておりましたが、いつまでも引き籠もっているわけにもいかないので、何とか用事を作って出掛けてみました。そのついでに2ヶ月以上経っていたことを思い出し、この企画の調査を試みました。
f0030574_1444654.jpg


(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-26 23:59 | [特設]東急デハ5001号問題

ブログのデザインを変えてみました

 当ブログも開設以来そろそろ満6年になりますが、このたび思うところあって、試験的にブログのデザイン(スキン)を変えてみました。

 前のブログのデザイン自体は、程よく地味で気に入っていたのですが、当ブログの文章が概して長文であるにも関わらず、1行の長さが余り長くないので、その辺の改善はかねてから考えておりました。殊に先月、さる友人の所でたまたまこのブログを見たところ、今時の高解像度のディスプレイで見ると、幅が狭くて恐ろしく間抜けに見えたもので、ますます改善の要を感じた次第です。
 といって、前のデザインで、本文の色がデフォルト設定で黒ではないことから、引用文を黒にするという癖をつけてしまったため、本文の文字色が黒というありがちなスキンではいささか不都合があり、また同様に背景が黒っぽい色で文字が白のデザインもダメと、選択可能なデザインが限られていて、なかなか変えられませんでした。

 このデザインは、やや派手めで、その割にブログタイトルが目立たず、記事のタイトルの文字も大きくない等の不満がありますが、上記の課題はクリアしていたので、採用してみました。
 ご覧いただいた皆様から、この方がいいとか止めた方がいいとか、ご意見をいただけましたら大変有り難く存じます。 
 後でまた戻すかも知れませんし、従来のデザインを自分で改造して幅を広げる方法が分かればそちらにするかも知れませんが、ひとまず今日は気分転換をしてみたいところでしたので。

 ところで、「日本の電気料金の歴史 総括原価方式の誕生(1)」の記事ですが、一時続篇(2)(3)を掲載したものの、不都合な点もあり、また長すぎて読みにくいこと、そのせいか全く反響がなかったこと(苦笑)などから、機会があればまとめ直すつもりで一旦掲載を止めています。まあ、大雑把なところは(1)で充分お分かり戴けようかと。
 いろいろ片付けついでに、ブログでも積んである記事(鎌倉付近の某女子校見学記? とか、読書会記録とか、鉄道系書評たくさんとか、犬・白酒話の続きとか、電力国家管理の歴史に学ぶ監督行政の歴史問題点・事業者のインセンティブ論だとか、まるでカツ丼のような鍋焼うどんとか・・・)も片付けられればとは思っております。
 いろいろ精神的に錯乱してばかりいる今日この頃ですが、惑ってばかりても先に進めませんので、我とわが身を墓場に投げ込む覚悟で気持ちを切り替えてやっていくつもりです。
[PR]

by bokukoui | 2011-11-20 23:59 | 身辺些事

池袋で犬を食い白酒を呑んだ話・つづき 白酒飲み比べ談

f0030574_17273084.jpg
犬の炒め物@大宝 池袋北口店
(別にグロ画像だから小さいんじゃなくて、単に写真が呆けているのがばれるから)

 よろず世間とはズレている(トチ狂っている)当ブログですので、1年以上前の話題の続きを書くことぐらいはあたり前です。
 というわけで、当ブログの過去記事「池袋の「中華街」で白酒(中国焼酎)を呑み犬を食う話など」の続きというか補遺の話を。また関連する記事として「爆発!? する中国製「燕京ビール」を池袋で愛飲してた話」なんてのもありますのでそちらもどうぞ。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-17 21:58 | 食物

総括原価方式の誕生(3) 公益規制と私企業精神の両立

 本記事は、

 日本の電気料金の歴史 総括原価方式の誕生(1)
 総括原価方式の誕生(2) 逓信官僚・平沢要の電気行政構想

 の続きです。
 前回の記事が中途半端なところで終わってしまいましたが、(2)に引き続き、区域独占と総括原価方式の構想を立てたと考えられる逓信官僚・平沢要の電気事業観を検討し、現在諸悪の根源視される総括原価方式の意義を考え、現在にくみ取れる教訓を得たいと思います。特に今回は、平沢が電気事業者の利潤やインセンティヴについて、また監督行政のあるべき姿について、どう考えていたか、を中心に見ていきたいと思います。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-15 23:59 | 歴史雑談

総括原価方式の誕生(2) 逓信官僚・平沢要の電気行政構想

 本記事は「日本の電気料金の歴史 総括原価方式の誕生(1) 」の続篇です。
 (1)では、日本の電気料金に総括原価方式がどのような経緯で導入されたかを概観し、それが区域独占と同時に、公益規制と事業者のインセンティヴを両立させる一環としての施策であったことを指摘しました。今回は、このような電気行政のシステムを構想したのが誰であったか、ということについて小生の見解を述べてみたいと思います。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-13 23:59 | 歴史雑談

日本の電気料金の歴史 総括原価方式の誕生(1)

 当ブログでは以前、「日本の「計画停電」の歴史を振り返る~真の「無計画停電」とは」及び「電気代と市場経済~計画停電の歴史・続篇」などという電気事業史関係の記事を書きましたが、その続きとして表題の件について一筆しておきたいと思います。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-11 23:59 | 歴史雑談

神保町の「神田天丼家」(旧「天丼いもや」)移転 および天丼の雑談

f0030574_23525938.jpg
 当ブログでも以前、その改称をお伝えした、神保町B級グルメの雄・「天丼いもや」改め「神田天丼家」ですが、先月移転していたことが判明しました。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-07 23:59 | 食物

京成バス「松戸車庫」バス停の「松戸営業所」への改称 及び余談

 いろいろブログのネタは溜まっているのですが、このところ午前中は身動きできない不調の有様で、なかなか思うに任せません。それでも論文も区切りがついたし、月も改まったので、新たな気分でやっていこうと思います。
 というわけで、月の初めに小ネタですが更新を。鉄道系の当ブログとしては珍しいバスネタです。
f0030574_2218291.jpg
「松戸車庫」行きのバス バス停の行き先表示は既に「松戸営業所」
松戸駅前バス停にて(2011.10.29.撮影)
(この写真はクリックすると拡大表示します)


(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2011-11-01 23:09 | 出来事