<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寅さんがあの夏で待ってる~[深夜アニメ一期一会]2008年の懐古園を懐古する

f0030574_15194194.jpg
懐古園@小諸にて(2008年3月撮影)

 三寒四温といいますか、春らしくなりそうでならないような微妙な日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか。小生の調子も天候同様一進一退めいておりますが、巨視的には暖かくなるにつれ改善されていると思いたいところです。殊に年初から先月半ば頃までの停滞ぶりはひどく、何を読んだり見たりする気力もなく、ネットでも文章を読むことすら碌に叶わず、ただ英語版ウィキペディアのニュルンベルク裁判で処刑されたナチ戦犯の死体写真ばかりぼんやりと見て日を過ごしていたこともありました。何故か日本語版だと、全員分の写真がないんですよね。
 ・・・などという陰鬱な話はさておき、先月末頃から一応回復基調にはあるつもりで、しかしその間に積み上がった用事はなかなか片付いておりませんが、お気楽で明るい話題をば。

 そんなわけで、少し前からぼつぼつものを読んだり書いたりする気力が甦ってきたように思え(その矢先に帯状疱疹になったりしましたが)、久しぶりにアニメなど見たりしています。
 そのアニメとは「あの夏で待ってる」で、長野県の小諸を舞台にした青春ラブコメです。あんまり小生はそういうのを見る方ではないし、最近はそもそもテレビ自体ほとんど見ていなかったのですが、ナヲコ先生夏コミで「夏待ち」本を出す(リンク先はpixiv)など、好意的な評価が周囲で二三聞こえたので、何となく見てみました。
 で、こういうものの鑑賞眼が自分にあるとは思っておりませんが、なんというか、丁寧に作られた作品だなあというような感じを受けました。まことに気持ちよく見ることが出来る作品で、第1話から遡って見直し、その後も続きを楽しみにしていましたが、なにせ1クールなもので残念ながら来週で終わりのようです。こういうものを見られるくらいには精神状況が良くなったのか、はたまた事態は深刻化したのか。



(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-03-23 23:59 | 思い付き | Trackback(1) | Comments(0)

【急告】携帯電話が行方不明

 昨日所用で半蔵門線に乗ったのですが、下車した際に携帯電話を落としてしまったらしく、現在探索中です。乗っていた電車が今となっては珍しい、方向幕仕様の8500だったので、東武まで持って行かれている可能性は低いと思いますが・・・。ただ今回は、諸事情により以前落としたときのような「温泉まんじゅう」ストラップを外していたので、仮に回収されたとしても区別がつくかどうか。
 というわけで、小生へ緊急に連絡するご用のある方は、まずそんな用事がそもそも必要かどうかを冷静に再検討して下さい。それでも必要と思われた方は、ご自身の運命を呪ってから、当ブログに掲げてありますPCアドレスへのメール(今日はなるべく頻繁にチェックするようにします)か、ツイッターのDMなどでご連絡下さるようお願いします。当記事のコメント欄ですと返信が困難ですので、なるべくそのようにお願いします。

※追記:携帯電話は無事回収できました。お騒がせしました。

 それだけの告知というのも悔しいので、先日ようやく大晦日から持ち越していたのが完成した「橘川武郎『東京電力 失敗の本質 「解体と再生」のシナリオ』『原子力発電をどうするか』略感」に、橘川先生のインタビューなど、同書を読む上で参考になりそうな記事のリンクを追加しておきました。意外な方から「いつ完成するのかと思ってた」とのコメントをいただき、うれしくも恐れ多いような・・・今後は気候も良くなるので、アップまで2ヶ月以上かかるような事態は繰り返さないよう心がけます。
[PR]

by bokukoui | 2012-03-16 11:31 | 身辺些事 | Trackback | Comments(4)

「橘川武郎『東京電力 失敗の本質』他略感」やっと完成&タグ「電気事業史関係」設置

 帯状疱疹はまずまず回復しているようです。痛み止めが切れると鬱陶しいですが。

 そんなわけで年明け以来思うに任せぬ不調続きで、昨年の大晦日に書き始めた筈だった当ブログの記事「橘川武郎『東京電力 失敗の本質 「解体と再生」のシナリオ』『原子力発電をどうするか』略感」も長いこと放置しておりましたが、このたびようやく完成しました。決して難しい本でも読みにくい本でもないのですが、そして何より小生も昨年のうちに読んでメモを作っていたのですが、それが形になるまでここまでかかるとは、何ともかんともです。
 まあ、前向きに捉えて、積み残したことを片付けられるようになったのだと考えるようにします。部屋の大掃除もかなり進捗したし、春を迎えてだんだんやっていこうと思います。

 さて、ようやく震災と原発事故の一周年を経て、橘川先生の本の書評も書き、当ブログの日本の電気事業に関係する記事もだいぶ増えましたので、新たにタグ「電気事業史関係」を設けました。
 タグとカテゴリの使い分けがややこしいところですが、既にカテゴリで鉄道関係がいくつもあり、小生の研究の関係上、鉄道と電力の双方にまたがる話が多いので、電力業についての話はタグで済ませようと思います。タグやカテゴリをクリックすると記事のタイトル一覧が出ますので、ご活用下さい。
 電力業の歴史については、今こそ学ぶべき時の筈なのに、ここ一年で世の関心の低さに憮然とすることが多かったのですが、腐らず今後もブレーンストーミングを兼ねて書いていくつもりです。今年は更新が開きがちですが、一応回復基調にはあると思いますので、引き続きご愛顧いただければ幸いです。
[PR]

by bokukoui | 2012-03-14 23:12 | 出来事 | Trackback | Comments(0)

あくまで個人的なことのみ(帯状疱疹・ネット上の備忘など)

 この日付で多くの社会的なことが語られたと思いますが、そしてそれを腐す意図は全くないのですが、小生の腕に余るし柄でもないので、ごく個人的な近況や、メモ代わりのことを書いておきます。

 最近は、年明け以来の沈滞から回復基調にあると思っていたのですが、先月末頃から、右腕~右肩~首の右側あたりに筋肉痛のような痛みを感じました。筋肉痛にしては右半身にしかないのがちょっと不思議で、さらにせいぜい数日で消える筈なのですが、一週間ぐらい経っても変わらず、それどころか痛む箇所の皮膚に炎症まで出てきました。さすがに皮膚科に行ったところ、医師は一目見て「帯状疱疹ですね」。水ぼうそうのウイルスが、疲労やストレスで再活性化したものだそうで、自分では回復基調のつもりでもそうではなかったのかもしれないと思わざるを得ませんでした。一応、周囲の状況的にはまずまずの筈なのですが、多少は思い当たる節もないではありません。
 帯状疱疹は、人から人へうつることはほとんどないそうですが、水ぼうそうにかかったことがない子供などには多少のリスクもあるようなので、心当たりのある人は小生に近づかない方が宜しいと思われます。

(以下全く個人的メモ 閲覧非推奨)
[PR]

by bokukoui | 2012-03-11 23:59 | 思い付き | Trackback | Comments(3)

鍋焼うどんの探求(34) しなのや@吉祥寺

 最近もいろいろろくでもないこともあるのですが、一応気候がマシになった分、活動できている面もないではないようですので、まあ読者がこのところ大きく減少傾向にあるので特に何かのためというわけでもないですが、ぼちぼちブログもやっていこうと思います。溜まっている記事も多いので。

 というわけで、何杯か溜まっているこのテーマを。
 今回は、前回までの本郷を離れ、たまたま某日所用で立ち寄った、都下は吉祥寺のしなのやにて、「鍋焼うどん」(1000円)をいただきます。
 
f0030574_23464910.jpg


(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-03-08 23:59 | [特設]鍋焼うどん探求 | Trackback | Comments(0)

家常豆腐と豆油肉【アジト向け料理レシピ案】

f0030574_032291.jpg
家常豆腐(右)と豆油肉(左)

 先日、革命的非モテ同盟の拠点でもある岩本町の通称アジトに立ち寄ったのですが、ここでは以前当ブログにしばしばコメントを寄せて下さった労働収容所組合こと @Im_Weltkriege 氏が、いろいろと事情ある人々の共同生活の、中心となって活動されていますが、その一環として氏はアジトにおける生活合理化のため自炊に取り組んでおり、立ち寄った際に氏の手になる麻婆豆腐をご馳走になりました。なかなか結構な味で感服しましたので、氏の自炊事業のご参考にでも供すべく、表題の件について一筆しておきます。

 で、先月のことですが、小生の家族が台湾食べ廻りツアー的な何かに出かけるとのことで、一人家に残っていた折、台湾ツアーに対抗して今まで作ったことのない中華料理に取り組みました。それなりに成果も得ましたので、備忘もかねてレシピなどを。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-03-03 23:59 | 食物 | Trackback | Comments(3)