<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

当ブログの剽窃被害疑惑 発展篇

 以前当ブログでは、

 当ブログの剽窃被害疑惑 個別検証篇 附:日本発送電について補足
 ・当ブログの剽窃被害疑惑 総括篇


 なる記事を書きました。この内容をかいつまんで言えば、更に以前の当ブログの記事、

 ・「日本の「計画停電」の歴史を振り返る~真の「無計画停電」とは」
 ・「電気代と市場経済~計画停電の歴史・続篇」

 や、ツイッターのまとめ「発・送・配電分離時代昔語り、あと周波数を東西で50と60で統一しただけでもすごいんだぜ話」、更にはWikipedia の「日本発送電」の項目に至るまでコピペして、自分が書いたように見せかけていた(出典に全く触れない)ブログがあったということです。
 そのブログとは、

・海を往く者「計画停電の歴史」(念のために:ウェブ魚拓

 です。
 そして、このようなパクリをやっている奴は概して常習犯であることが多い、ということを小生は示唆し、適当に目に付いた記事を題材に検証、この「海を往く者」が始終、盗作をやっているブログと思われることを指摘しておきました。
 で、実は少し前から「海を往く者 パクリ」だの「海を往く者 盗作」だので検索して当ブログを訪れた方の存在がアクセス解析で時折見られまして、さてこそ小生も、同じようなフレーズで検索してみました。その結果、他にも「海を往く者」に盗作された被害者の方がおられることが分かりました。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-04-27 23:59 | 身辺些事

後輩が「ウチの娘」(美少女ゲームキャラのぬいぐるみ「ごきげんリース」)の誕生日パーティーを開きました

 本記事は、かつて当ブログの記事中でもかなりの反響を呼んだ、

 後輩が「日本が中国に支配されたらエロゲーが出来なくなる」と思って田母神氏のデモに行ったそうです

 の続篇になります。
 しかも今回は何と、この後輩・A君の方から、ネタを提供するので記事を掲載して欲しい、掲載しなかったら××す、みたいな脅は・・・というたいへん強いご要望をいただきまして、ゼミ報告の準備で忙しいさなかに迷惑千ば・・・有り難く掲載させていただく所存でございます。

  というわけで、A君が送ってくださった写真を以下に掲載致します。
f0030574_11531269.jpg
後輩A君が「娘」と主張する、美少女ゲームのキャラクター「リースリット・ノエル」の誕生日パーティーの模様
(右)美少女ゲーム『夜明け前より瑠璃色な』のグッズ「ごきげんリース」
(左上)美少女ゲーム『祝福のカンパネラ』のグッズ「ふきげんアヴリル」
(左下)美少女ゲーム『ましろ色シンフォニー』のグッズ「ぱんにゃぬいぐるみ」
(余計なお世話ですがこの写真はクリックすると拡大表示します)


※ブログ執筆者のSAN値減少が著しいので続きはそのうち
[PR]

by bokukoui | 2012-04-26 23:59 | 出来事

さよなら交通博物館(12) 進む再開発

f0030574_23403916.jpg
南側の交差点から見た全景(2012年3月撮影)

 当ブログでは、主に2010年の間、解体されてゆく旧交通博物館の情景を折々紹介して参りましたが、建物もすっかり解体されてしまったため、ほぼ1年前に工事現場の模様をお伝えしたのを最後に、この企画は完結したように思っておりました。しかし先月、ちょっとした用でこの地を通りかかることがあり、その際工事が進捗して大きく変わった様子に些かの感慨を覚え、数枚の写真を撮影してきました。そのまましまい込んでいるのも何なので、簡単にご紹介したいと思います。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-04-24 23:59 | [特設]さよなら交通博物館

ウェイトレスが袴なファミレス「馬車道」が特定規模電気事業者(PPS)になっていた

 このブログ、元々制服やらメイドやらを扱う同人サークルのサイトのコンテンツだったはずなのに、同人を休業してサイト本体も消滅して、すっかり鉄道史と電力業史と鍋焼うどんのブログになっておりましたが、久しぶりに制服系ファミレスの話題・・・なのか?

 で、タイトルそのまんまなのですが、ウェイトレスさんが袴に矢絣の「はいからさん」スタイルで有名な、埼玉を衷心に展開しているファミレス「馬車道」グループが、なんと電力会社になっていた!? という、まあそれだけのことなのですが、驚きました。

 昨年の原発事故以来、発送電分離やら電力自由化やらが一時世間を賑わせましたが、実のところ90年代末以降着実に電力業の自由化は進められており、一般に「電力会社」といって思いつく、いわゆる10電力以外に、いくつもの電気事業者が新たに誕生しました(10電力以外にも電源開発とか原電とか公営発電事業とかもありましたが)。
 かくて登場したのが、特定規模電気事業者(PPS)と呼ばれるものです。従来の10電力は一般電気事業者といい、定められた営業区域内のすべての需用家に供給できる(需要家から要求があったら供給義務がある)のに対し、PPSとは一定規模以上の需用家(今は50kW以上)に限って供給する事業者です。一般事業者に対し競争相手を導入することで、電気料金低下につなげようという狙いですが、戦前の「電力戦」みたいに一つの工場へ2社が送電線を引き合う、というような愚行はせず、PPSは一般電気事業者が従来持っていた送電線で電気を託送することで供給するのが原則です。電気は自社で発電所を作る場合もありますし、市場で仕入れることもあります。
 で、市場で電気を売る方を専門にやっているのが、卸売の電気事業者で、昔から電発と原電という超大手がありましたが、特に最近話題になっているのが独立発電事業者(IPP)です。これも電力自由化で登場した業態で、こんな感じで小売部門と卸売部門とで、従来の一般事業者による独占を崩す仕組みは生まれています。

 さて、PPS最大手のエネットを挙げるまでもなく、PPSとかに進出する企業として多いのは、やはりガスや石油など元々エネルギー関係の会社です。そして製鉄や製紙のような、電力をたくさん消費し自家発電を大規模に行っているような製造業もあります。商社もいろいろ取り組んでいるようで、外国で燃料を買い付けるのは得意そうですね。
 というわけで、なんやかんやで現在PPSは54社もあるそうです。こちらの資源エネルギー庁のサイトの一覧表をご覧下さい。自由化で新たに事業を興した会社も多いですが、だいたい上に挙げたようなエネルギー系・製造業・商社の関係企業が目につきますね。

 しかし。
 この一覧表の41番は。
41  事業者名:株式会社馬車道

   所在地:埼玉県熊谷市万吉2950番地1

   事業開始予定日:平成23年4月1日
 同名の会社かと一瞬思いましたが、検索したら所在地にはファミレスの馬車道の本社と工場がありました。うーん、意外な業務展開ですね。

 馬車道のPPS進出についてはネット上にも情報が乏しく、何しろ馬車道の公式サイトにすら記述が見当たらないのですが、一つだけ、エネルギー情報局というサイトに記述があるのを見つけました。
株式会社馬車道

2011年1月11日PPS登録。馬車道は関東地域で160店舗(09年9月現在)を展開しており、自社関連施設への供給が中心となるも模様。

しかしながら、震災によりJEPX価格が上昇しており、事業開始を見送り。
 ということなのだそうです。なお、JEPXというのは電力の卸売市場のことです。
 うーん、それにしても間の悪いことですね。PPSに登録されたものの、直後に震災で事業開始先送り。だから、馬車道の公式サイトを見ても関係する記事が発見できなかったのだと思います。

 ところで、このエネルギー情報局さんの記述からすると、馬車道はファミレスの店舗で使う電気を安く供給しようとPPSに進出したもののようですが、外食産業のコストで電力がそこまで大きいのかなとちょっと不思議に思いました。それならもっと先に、より大きな外食チェーンが進出しても良さそうなものです。外食産業のコストはやはり、原材料費と人件費で、店舗の維持費(家賃とか償却とか)や什器の費用も大きそうですが、電気は更にその下ぐらいで・・・いやもちろん、安くできればそれに越したことはありませんが、それこそグループ全体でどこかのPPSと契約して電気をまとめ買いすれば、それなりに安くできそうな気もします。結局どこにPPS進出のインセンティヴがあったのでしょうか。
 先ほど事業者所在地を紹介しましたが、その住所でぐぐってみると、馬車道の本社工場以外にも周辺はたくさんの工場が立地しているので、もしかしたら店舗以外にもそういった工場向けに何かやろうという構想があったのかも知れません。この辺、ビジネスモデルについてご存じの方がおられましたら、是非ご教示いただければと思います。
 とはいえ震災による電力事情の激変からすると、このままお蔵入り事業になってしまいそうな気もしますが・・・。

 というわけで、制服マニアには周知のファミレス・馬車道が、意外な新業態に進出しようとしていたというお話でした。
 このことに気づいた時、小生の脳裏には、紫の矢絣と袴を身にまとい、ブーツを履いた「はいからさんが行く」スタイルのすみれ女史が、給電司令所でモニターを監視しながら電話を握りしめ、「今日の寒さではきっと、現在フェア中の『あつあつビーフシチューハンバーグセット』が出るに違いない! オーブンのフル稼働に備え、全ボイラーを点火せよ!」などと指令を出している場面が、浮かばずにはいられませんでした。

※2012.4.19.追記
 この話をツイッター上でもさわりを紹介したところ、予想外に多くの方の関心を惹いたようで、ありがたい限りです。その反響のうち、流れ去るには惜しいものを一つ記録させていただきます。当ブログでも以前、著書『速水螺旋人の馬車馬大作戦』『靴ずれ戦線』を紹介した、速水螺旋人先生のツイッターです。
Хаями Расэндзин@東京練馬@RASENJIN
馬車道の発電所は意味もなく湯気を噴出するスチームパンクマシンであって欲しい。それに群がるはいからさんスタイルの娘さんたち。飛び交う号令と復唱。急を告げるベル。よくわからないクランクやカム。
2012年4月19日 - 1:24
 螺旋人先生には是非、このスチームパンクなイラストを・・・!

※2012.9.26.追記
 何とこの、「はいからさん発電所」ネタをイラストにして下さった方が!

 「證詞の百合花」より:「馬車道発電所」

 ありがたい限りです。ぜひご覧下さい。
[PR]

by bokukoui | 2012-04-18 23:59 | 制服・メイド

剣呑な「交通安全」的看板

f0030574_232303.jpg
「死亡事故発生地点
ここを横断すると万一のとき 保険金がもらえない場合があります」
内神田鎌倉町会交通部が立てた看板

 先週は多少マシになったかと喜んでいたのも束の間、今週はひどい不調に悩まされました。無闇と眠くて碌に身動きできないし、頭は痛いし、腹は下るし、挙げ句の果てには得体の知れない眩暈と耳鳴りのような、新たな症状も登場する始末です。そんなわけで一週間をほぼ棒に振り、諸事滞ってネットからも遠ざかり、メールなど返信すべきものも例の如くすっかり遅れてしまい申し訳ありません。

 そのような次第でブログの更新などもできず、書きかけのまま放置している記事は相変わらずで心苦しいのですが、あまりに放置ばかりも何なのでとりあえず小ネタとして、先月用事で出かけた際に、千代田区某所の一方通行4車線道路沿いで見かけた看板の写真を掲げておきます。
 世の多くの交通安全看板と比べても、まことに即物的というか、ビジネス街らしい? 内容ではあります。それにしても、死亡事故があった場所で再度事故が起こった場合、保険金が下りないという例があるのでしょうか。全国の死亡事故発生地点全てに、いちいち通りかかった車輌や歩行者に向けた告知があるわけでなし・・・。
 よく分かりませんが、同様な看板は他にも例があるのでしょうか。あまり見かけないことからすると、やはり効果はいまいちだったのか、何となく見かけて微妙な気持ちになる看板でした。
[PR]

by bokukoui | 2012-04-14 23:59 | 出来事

「たばこのむな」 鉄道の表示今昔

f0030574_23544015.jpg
山手線・京浜東北線の高架橋に今も残る「たばこのむな」の表示
(神田~秋葉原間)

 春めいてきたと思ったら嵐になったりまた急に冷えたり、いまひとつぴりっとしない気候の今日この頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
 小生は、気候と歩調を合わせているわけでもないですが、前よりは活動的になったような気もするものの、それはあくまで午後になってからの話で、別段夜更かしもしなくても午前中は何もする気力がなく、また大学や図書館に出かけられた際も、電車で座るとたちまち寝てしまう、そんなぼんやりとした日々を送っています。そんなわけで、用事が片付いていないわけではないのですが、これも今ひとつ思ったようには捗らないような状態ではありますが、全く停頓していた年初よりはマシになっていると前向きに捉えようとは思います。

 そんな次第なので、ブログの方も手をつけたままの記事が残っていて心苦しいのですが、なかなかまとまって更新できる心身の余裕がありません。ですので、ちょこっと写真を張ってお茶を濁しておきます。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2012-04-07 23:59 | 鉄道(歴史方面)

スカイプ導入しました

 思えばツイッターを導入してから1年な訳ですが、その間いいこともありましたが碌でもないことはそれ以上だった気もします。
 それはともかく、今年の4月1日は、諸事情あってスカイプを導入しました。なお本名で登録しておりますので、IDをここで公開することは致しません。もし小生の本名をご存じなく、しかしスカイプを使いたい方がおられましたら、小生とスカイプなどでコミュニケーションを取る必要があるのか再考なさって下さい。

 今年度の目標はいろいろありますが、その中で「引き籠もりからの脱却」と同時に「人間関係の縮小」という、矛盾した目標を同時に追うのは難しそうです。しかし難しいからといって、挑戦することを諦めてはいけません。
[PR]

by bokukoui | 2012-04-01 22:26 | 身辺些事