<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『鉄道史人物事典』が発行されました

 今月は暖かくなってきたから調子も良くなるかと思いきや、急に暖かくなったせいかそれはそれで日中は懈くて動けず、下血も再発している今日この頃ですが、せっかくの春なのに景気の悪い話をしても何なので、明るい話題を一つ。

f0030574_23361247.jpg というわけで、新刊紹介を簡単に。新刊といっても、既に先月末には店頭に出回っていたようで、小生も半月ぐらい前に送っていただいたものですが。

 鉄道史学会編『鉄道史人物事典』
 表題の通り、日本の鉄道の歴史上重要な役割を果たした人物について、その略伝をまとめた事典です。リンク先の日本経済評論社のサイトから引用すると、
創立20周年を記念して鉄道史学会が総力を挙げ編纂。国鉄のみならず私鉄や地方鉄道に関わった人物など580名を近年の研究動向も踏まえながら採録する。
 という一冊です。

 この説明にもある通り、編纂に当たったのは鉄道史学会で、そもそも同学会の20周年記念事業として始められた事業でしたが、諸事情あって完成には時間がかかり、発売が学会結成30周年になってしまったという、なかなかに難産な一冊であります。その辺の経緯については、本事典作業の中心を担われた鈴木勇一郎さんが、「『鉄道史人物事典』の編集と刊行」と題して一筆ものされています。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-03-19 23:59 | 鉄道(歴史方面)

「線路内を耕作しないで下さい」看板とサイゾー「マイ踏切」記事 附:西武とファンドまとめ

 このところだるさが一層ひどく、夜更かしをしなくても夕方まで身動きできないことがままある状態で、ブログの更新など思いも寄らない日々が続いておりました。そんなわけで放置していた当ブログですが、昨夜から急にアクセス数が増加していて、はてなんでだろうと思ったら、「日刊サイゾー」の記事で当ブログが紹介されていたためのようでした。

 「マイ踏切」「勝手に畑に」線路内を自由に使う住民たちのメンタリティとは?

 この記事を執筆されたのは、ライターとして、マンガを中心とした表現規制問題や、ローカル事情の研究でなど、さまざまな分野で健筆を振るっておられる昼間たかし氏です。
 そういえば、半月ばかり前の夜に昼間氏が突如電話してきて、当ブログの看板画像である「線路内を耕作しないで下さい」看板について話を聞きたいというので、二三十分ばかり話をした覚えがあります。その時に、屋敷内を東北本線が突っ切っていた家の話とかもしましたが、それが早速記事になっていたもののようです。何だ、言ってくれれば「線路内を耕作しないで下さい」看板の写真データを進呈したのに(笑)

 というわけで、せっかく記事にしてくれたお礼を込めて、この看板の大形画像を掲げておきましょう。
f0030574_225219.jpg
「線路内を耕作しないで下さい」看板 きちんとレタリングした公式?のもの
(名古屋鉄道美濃町線新関駅附近にて 2005年3月11日撮影)

 この写真は、前にも当ブログの記事でちょっと触れましたが、2005年3月に廃止された、名古屋鉄道の岐阜県内のローカル線で撮影したものです。ちょっと検索した限りでは、同じ名鉄の小牧などでも同様の看板があったようですが、小生は見ていません。またこの近所には「線路を横断しないで下さい」という看板もあったようですが、これも小生は記憶にありません。横断禁止の看板は結構各地にあると思いますが、「耕作しないで下さい」というのはさすがに強烈な文言で、他に見た記憶はありません。追記:検索したところ、同様の看板が京都の嵐山電車にもあるそうです。
 で、この時、新関駅附近で撮影した同様の看板がもう二点あるので、ついでにご紹介しておきます。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-03-14 21:46 | 鉄道(その他)

「戦時体制の中で生まれた東京都と後藤新平の立ち位置」まとめ 及びネット上の雑彙

 だいぶん経ってしまいましたが、小生が先月ツイッター上で発言した内容を、憑かれた大学隠棲氏がまとめて下さいました。氏に感謝申し上げると共に、このブログからもリンクを張っておきます。

 戦時体制の中で生まれた東京都と後藤新平の立ち位置

 これは、駄場祐司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』(南窓社)という本を手がかりに、後藤新平の評価についての見直しを試みたものです。この本の感想もブログに書きたいと思いつつ、いつになったら実現するのか・・・。

 また、写真を1枚だけアップしてから一週間も放置していた、「交通博物館跡地の再開発ビル(JR神田万世橋ビル)が竣工」も完成しましたので、まあ写真を並べただけですが、ご関心のある方はどうぞ。

 その他、記事を起こす余力はないけれど、小生がネット上でふと見かけて気になった記事をいくつか、以下に備忘としてリンクしておきます。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2013-03-02 22:50 | 思い付き