<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

戦史、軍事などに関係するメモ

f0030574_0184569.jpg
1942年4月15日、真珠湾の空母レキシントンから下ろされる8インチ砲塔

 最近は不調なりに何とかやってますが、用事はそれ以上に多くておぼれそうになりつつ、何とか回している感じです。少しは本も読めるようにはなっていますので、ひところよりはマシですが、世の新しい話にはついていけておりません。とりあえずいくつか、ネット上で目に付いた事項のメモのみ。

 東大五月祭で自衛隊装甲車両を展示(togetter)
 東大戦史研の五月祭展示にまつわる話。学祭への自衛隊の協力企画は何年も前から @Im_Weltkriege 猊下が進めていた事業でしたが(今は関わっておられません)、今回は車両入構という新企画が実現したようで、一部で話題になっていた模様です。本件に関する小生のコメントは、該まとめ内にあるので、そちらをご参照ください。

 これだけなのも何なので、他にも軍事関係ともいえそうなトピックをいくつか備忘までに。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2014-05-24 23:59 | 歴史雑談

本家?アンナミラーズをバスに乗って訪う~渡布雑彙(2)

f0030574_22263039.jpg
 先日当ブログで「マクドナルドの朝メニュー「おにぎりセット」!? ~渡布雑彙(1)」というのを書きました。で、ハワイ関係のトピックはまだまだありますので、順次紹介してまいります。
 そんなわけで今回は、当ブログがもともと「メイド」や制服関係の同人サークルのサイトの、コンテンツの一部として始まった(やっている人間も忘れかけていますが)、その原点回帰?とでもいうべき記事をば。

 冒頭の写真のお店、黄色いロゴは「Anna Miller's」というわけで、制服で有名なファミレス・アンナミラーズの、ハワイにある店舗です。日本では最盛期20店舗ぐらいあったといいますが、いまや高輪の1店舗のみになってしまっています。アメリカでも、本土にもあったらしいのですが、現存するのはやはりここ、ハワイ・オアフ島のパールリッジ・センター近くの1軒だけだそうです。もっとも2012年末、日本の井村屋系の新店舗が中国の天津にオープンしたらしいので、現在世界に3軒・・・と思ったら天津に2号店ができていたそうで。
 日本のアンミラは小生も、渋谷・駒沢・自由が丘・吉祥寺・目黒・広尾・お台場・みなとみらい・・・とそれなりに巡っておりましたが、全部回る前にお店のほうがなくなってしまいました。高輪もいつなくなるのかと案じておりましたが、幸いこちらは、一昨年の天津展開につづき、昨年は改装もして盛業中のようです。

 というわけで、ハワイにいけることになったのを幸いと、本家?を訪れてまいりました。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2014-05-13 23:59 | 制服・メイド

受勲の季節に思い出す踏切のことなど

 タイトルにあるとおり、本記事は先日春の叙勲が報じられたことに触発されて書いているものですが、実は本来、昨年の叙勲にあわせて書こうと思っていた記事でした。それが諸事情でお蔵入りになっていたのですが、ふたたび受勲の季節が巡ってきたことでもありますので、一応書いておこうと思います。
f0030574_0171371.jpg
JR横浜線・中山駅付近の川和踏切
左手の掘立小屋?みたいなのの裏側に献花台があった
(2013年10月下旬撮影)


(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2014-05-07 23:59 | 鉄道(時事関係)

富岡製糸場の世界遺産登録内定を祝い、社会経済史の普及を希う

※若干追記しました。(2014.5.2.)
f0030574_2220198.jpg
富岡市の竜光寺にある、富岡製糸場の工女の墓に建てられた案内板
(この写真はクリックすると拡大表示します)

 既に各メディアで大々的に報じられており、やや時機を逸しつつありますが、富岡製糸場の世界遺産指定が内定したというニュースについてやはり触れておきたいと思い、思いつくまま一筆しておきます。

 富岡製糸場については、当ブログの記事で過去に訪問記事を書いています。

 富岡製糸場見学記(1) / (1)の2 / (2) / (3) / (4)

 大まかなところは以上の記事で書いたとおりで、それほど継ぎ足すことはありません。今回の記事は、上掲の記事で掲載しなかった写真をお蔵出しで引っ張り出しつつ、思い付きをいくつか足していこうかと。

 富岡製糸場の世界遺産としての価値については、小生思うに、ある産業分野での近代的工場生産が非西欧の国に導入された記念碑であり、しかもその産業が導入された国で発達して世界の市場を制覇するに至ったという、近代化における一つの模範的な例として、世界史的な価値があるといえましょう。さらに、産業構造が変化して、日本の製糸業自体が最後はなくなってしまうのですが、富岡はそのほぼ最後まで現役で働き続けたという、一世紀以上の厚みを持った存在であることも、大きな価値です。
 今回、詳しいイコモスの判定を小生は読む余裕を得ていませんが、「世界史的な普遍性」という点では、京都の寺社や姫路城より上であると個人的には考えます(個別性はまた普遍性とは違う意味合いの価値と思います)。日本でこのような近代遺産といえば、他には・・・あと百年ぐらいしたら、東海道新幹線が指定されるかもしれない!?

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2014-05-01 23:06 | 歴史雑談