受勲の季節に思い出す踏切のことなど

 タイトルにあるとおり、本記事は先日春の叙勲が報じられたことに触発されて書いているものですが、実は本来、昨年の叙勲にあわせて書こうと思っていた記事でした。それが諸事情でお蔵入りになっていたのですが、ふたたび受勲の季節が巡ってきたことでもありますので、一応書いておこうと思います。
f0030574_0171371.jpg
JR横浜線・中山駅付近の川和踏切
左手の掘立小屋?みたいなのの裏側に献花台があった
(2013年10月下旬撮影)


(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-05-07 23:59 | 鉄道(時事関係) | Trackback | Comments(2)

富岡製糸場の世界遺産登録内定を祝い、社会経済史の普及を希う

※若干追記しました。(2014.5.2.)
f0030574_2220198.jpg
富岡市の竜光寺にある、富岡製糸場の工女の墓に建てられた案内板
(この写真はクリックすると拡大表示します)

 既に各メディアで大々的に報じられており、やや時機を逸しつつありますが、富岡製糸場の世界遺産指定が内定したというニュースについてやはり触れておきたいと思い、思いつくまま一筆しておきます。

 富岡製糸場については、当ブログの記事で過去に訪問記事を書いています。

 富岡製糸場見学記(1) / (1)の2 / (2) / (3) / (4)

 大まかなところは以上の記事で書いたとおりで、それほど継ぎ足すことはありません。今回の記事は、上掲の記事で掲載しなかった写真をお蔵出しで引っ張り出しつつ、思い付きをいくつか足していこうかと。

 富岡製糸場の世界遺産としての価値については、小生思うに、ある産業分野での近代的工場生産が非西欧の国に導入された記念碑であり、しかもその産業が導入された国で発達して世界の市場を制覇するに至ったという、近代化における一つの模範的な例として、世界史的な価値があるといえましょう。さらに、産業構造が変化して、日本の製糸業自体が最後はなくなってしまうのですが、富岡はそのほぼ最後まで現役で働き続けたという、一世紀以上の厚みを持った存在であることも、大きな価値です。
 今回、詳しいイコモスの判定を小生は読む余裕を得ていませんが、「世界史的な普遍性」という点では、京都の寺社や姫路城より上であると個人的には考えます(個別性はまた普遍性とは違う意味合いの価値と思います)。日本でこのような近代遺産といえば、他には・・・あと百年ぐらいしたら、東海道新幹線が指定されるかもしれない!?

(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-05-01 23:06 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(6)

マクドナルドの朝メニュー「おにぎりセット」!? ~渡布雑彙(1)

 つい先日、マクドナルドで相当の地位に登ったのち独立した人が始めた天ぷら屋の話を、ようやっと完結させましたが(前篇後篇終篇完結篇)、そのつながり? というわけでもないですけれど、マクドナルドのお話を。
 で、先の記事中でも『東洋経済』の報道など紹介しましたが、近年は日本マクドナルドの業績がどうにも振るわず、社長交代したり、消費税増税に際して敢えて値下げをしてみたり、いろいろやっているようですが、世評は概して「迷走続き」と冷たいようです。で、今月からは、朝のメニューに「ビッグブレックファスト」というのを導入したのですが、ちょっと検索してみると、「結局ソーセージエッグマフィンをバラしただけじゃねーか」などと、これまた起死回生の手とはなっていないようです。
 てな話から、こんな「朝マック」もある、ということを思い出しましたので、ちょいとご紹介。
f0030574_23322630.jpg
マクドナルドの朝メニュー「ローカル・デラックス・プレーター」
メインはおにぎり二つ!?


(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-04-25 23:56 | 食物 | Trackback | Comments(4)

「人間力」に抗うために~神保町「ふじ好」天ぷら革命いまだ成らず(完結篇)

f0030574_21173671.jpg
閉店直前ごろの「天ぷら革命 ふじ好」の天丼(500円)とみそ汁(100円)
天ぷらはえび・いか・鶏肉・かぼちゃ・なす みそ汁の具はわかめと青ネギと?

 本記事は
 ・天ぷら革命いまだ成らず~神保町「天ぷら革命 ふじ好」の終焉(前篇)
 ・天ぷら革命いまだ成らず~神保町「天ぷら革命 ふじ好」の終焉(後篇)

 「人間力」という魔物~神保町「ふじ好」天ぷら革命いまだ成らず(終篇)
 の続篇です。
 前回の記事で完結させるつもりでしたが、諸事に追われたり心身の疲労で書きかけのまま放っているうちに、むしろ書きたいことが増えてきてしまい、ついに最終回まで前後に分かれてしまいましたが、今度こそ完結篇です(苦笑)。それにしても、とっくに潰れた、駄目な飲食店の話がここまで長くなってしまうとは、我ながら呆れていますが、それだけこの「ふじ好」は現在の日本におけるある種の問題を強調して(戯画化して)表していたのだ、ということでどうかご勘弁ください。


(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-04-20 23:59 | 時事漫言 | Trackback | Comments(0)

「人間力」という魔物~神保町「ふじ好」天ぷら革命いまだ成らず(終篇)

f0030574_051450.jpg
閉店した「天ぷら革命 ふじ好」の跡(2014年2月下旬撮影)
この写真はクリックすると拡大表示し、看板を撤去した痕跡などが確認できます

 本記事は
 ・天ぷら革命いまだ成らず~神保町「天ぷら革命 ふじ好」の終焉(前篇)
 ・天ぷら革命いまだ成らず~神保町「天ぷら革命 ふじ好」の終焉(後篇)

 の続篇です。

 正直、時機を逸してしまっている感もありますし、年明け以来いろいろとドタバタして新生活の姿勢も整わず、続きはお蔵入りかと自分でも思っていたのですが、しばらく前に日本マクドナルド社長の原田泳三氏が業績低迷により会長に退くというニュースに接しまして、やはり完結させておこうと思い直した次第です。マクドナルドは消費税増税に際して敢えて値下げしたそうですが、ダンピング路線の問題は以前の繰り返しのようで、いまだ迷走は続いているようです。そういえばしばらく前にやっていた「アメリカンダイナー」だったかいう企画も、1950年代のアメリカ文化に憧れなどの感情を持つ層は団塊の世代あたりじゃないかと、その意図を怪訝に思ったものです。
 それはともかく、書き始めた頃はこんな長い記事になるとは、そして完結が何ヶ月も先になってしまうとは、まったく思いもよりませんでした・・・。小生自身の「人間力」の低さを痛感せざるを得ませんが、ところで「人間力」って何なんでしょうか、というのが今回のまとめです。

(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-04-05 23:59 | 思い付き | Trackback | Comments(2)

結婚してました

 今日は四月一日で、新たな年度の始まりです。
 というわけで、小生も身辺に多少の変化がありましたので、簡単にこの機会にご報告を。
f0030574_1305350.jpg
旧・竹田宮邸 改め 現・グランドプリンスホテル高輪 貴賓館の一室(披露宴仕様)


(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-04-01 12:00 | 身辺些事 | Trackback | Comments(4)

【告知】革命的非モテ同盟 ホワイトデー粉砕デモ2014 in 渋谷のお知らせ

 相変わらず冬期鬱だか何だかの感じで、何事も思うに任せず、去年から書きかけの記事も引き続き放置のままです。ですが、ようやっと情報に接したので、遅ればせながら以下のイベントのご案内をば。

【2014年3月14日開催】ホワイトデー粉砕デモ2014 in 渋谷

もはや、存在自体が社会問題と言えるホワイトデーの季節がやってまいりました。

ホワイトデーはキリスト教由来の習慣でも何でもなく、男性を苦しめる職場でのホワイトデーの強要や、3倍返し通達等はジェンダー問題とも言えます。

モテない人の明るい未来を築き上げるべく、非モテ同志の連帯を呼び掛けてきた革命的非モテ同盟が、ホワイトデー粉砕と恋愛資本主義反対を訴えるデモを開催いたします。

【集合場所】
渋谷・みやしたこうえんの北側
 (※神宮通公園ではありません)

【日時】
2014年3月14日(金)
18:30集合 19:00頃行進開始

(デモ行進は30分~1時間程度を予定しております)
(今回は平日夕刻スタートのデモです。お間違えなきようお願いいたします。)

ホワイトデー粉砕を掲げたデモ隊が渋谷の街を行進します。
参加無料。事前申込み不要。
上記の日時に集合場所に直接お集まりください。

「ホワイトデー粉砕!」
「お菓子資本にだまされるな!」
「3倍返しは利息制限法違反だ!」
「恋愛資本主義反対!」
「カップルは自己批判せよ!」
「リア充は爆発しろ!」
「誰が都知事になってもモテねーぞ!」
「ほむほむは俺のヨメ!ほむほむのヨメも俺のヨメ!」

などなど、皆様の日頃リア充文化に抱えている鬱憤を、渋谷の中心で拡声器で主張してください。
(以下省略:注意事項は公式サイト参照)
 というわけで、毎度おなじみ「革命的非モテ同盟」のホワイトデー粉砕デモです。例年なら土日にやるところですが、おそらくは震災関係や原発問題などのデモが先の週末には多かったのでしょう、今回もバレンタインに引き続き平日夕刻のデモとなりました。金曜日の夕方なので、平日の中では参加しやすい方でしょうか。
[PR]

# by bokukoui | 2014-03-14 18:30 | 出来事 | Trackback | Comments(0)

三年前のこと

 今日は言わずと知れた、東日本大震災からちょうど3年の日ですので、ふとその時のことを書いておこうと思い立ちました。震災直後には「ささやかな地震の教訓・本棚の転倒対策」という記事を書きましたが、それに書かなかったことを。
 といっても、きわめて個人的なことです。

(続きを読む)
[PR]

# by bokukoui | 2014-03-11 14:46 | 出来事 | Trackback | Comments(2)

「儀狄先生の中国貨幣史講義~『中国嫁日記』の「小銭問題」の原因は歴史にあり」まとめ他

 ブログの更新もままならぬ近況ですが、昨年以来積み残している記事を少しづつでも片付けて行こうと思います。
 というわけで、去年作ったまとめを紹介しておきます。

 儀狄 ‏@giteki 先生の中国貨幣史講義~『中国嫁日記』の「小銭問題」の原因は歴史にあり

 これは昨年、『中国嫁日記』サイトで掲載されたマンガ「信じられないお金~小銭問題」を見た際、ここで語られている「中国の南方の人は硬貨を嫌い、北方の人は紙幣を嫌う」というお話にはきっと歴史的な背景があるに違いない、と思い、中国貨幣史を専門にする 儀狄 @giteki 先生にお伺いを立ててみたところ、期待以上の興味深い解説をしていただけた、というものです。『中国嫁日記』の井上純一氏にもこのまとめは紹介していただけたようで、2万を超えるPVをいただくほどの反響があってまとめた当人としても驚き嬉しく思いました。
 で、なんで今更ブログで紹介したのかというと、一部のツイートに鍵がかかっていて非公開だったのが、その後鍵が公開されたので修正しておこう・・・と思ったまま時間が経ってしまい、先日思い出したのでそこを直し、完成記念ということでこちらでも紹介した、という次第です。

 それだけなのも何なので、歴史系の話題をいくつかメモしておきます。

 米軍が見た日本軍 『日本軍と日本兵』著者・一ノ瀬俊也氏インタビュー(現代新書カフェ)

 映画における「日本兵」と「米兵」を考える(togetter)

 幻想の英雄・全文公開(山田順プライベートサイト)

 「愛国」の技法」を一生懸命まじめに実践すると死んでしまいます(青弓社)

 「大正デモクラシー」はどうして戦争を止められなかったのか 成田龍一氏インタビュー(Synodos)

 南京事件を認めてしまった安倍首相は・・・(togetter)

 他にも触れるべき、考えるべきことは尽きませんが、ひとまず。
[PR]

# by bokukoui | 2014-02-20 23:59 | 歴史雑談 | Trackback | Comments(2)

【告知】革命的非モテ同盟 バレンタインデー粉砕デモ2014 in 渋谷のお知らせ

 年が明けてから、いろいろ忙しかったり、冬期鬱の症状がひどくて何もできなかったりして、去年から書きかけの記事も放置のまま2月になってしまいました。そんな日々ですが、関係方面から連絡を受けたので、遅ればせながら以下のイベントのお知らせを載せておきます。

【2014年2月12日開催】バレンタインデー粉砕デモ2014 in 渋谷

チョコレート資本の陰謀に血塗られたバレンタインデーの季節が今年もやってまいりました。

モテない人の明るい未来を築き上げるべく、非モテ同志の連帯を呼び掛けてきた革命的非モテ同盟が、バレンタインデー粉砕と恋愛資本主義反対を訴えるデモを開催いたします。

【集合場所】
渋谷・みやしたこうえんの北側
 (※神宮通公園ではありません)

【日時】
2014年2月12日(水)
18:00開場 19:00頃行進開始

(デモ行進は30分~1時間程度を予定しております)
(今回は平日夕刻スタートのデモです。お間違えなきようお願いいたします。)

バレンタインデー粉砕を掲げたデモ隊が渋谷の街を行進します。
参加無料。事前申込み不要。
上記の日時に集合場所に直接お集まりください。
 というわけで、毎度おなじみ「革命的非モテ同盟」のバレンタイン粉砕デモです。例年なら土日にやるところで、今年なら8日か9日がデモのはずだったのですが、9日の都知事選の関係で、選挙期間中のデモに当局が難色を示したとかで、一方11日は右な方々の予定で埋まっているそうで、やむなく平日夜のデモになったそうです。

(続きは以下に)
[PR]

# by bokukoui | 2014-02-12 19:00 | 出来事 | Trackback | Comments(0)