タグ:『月刊COMICリュウ』関係 ( 33 ) タグの人気記事

『月刊COMICリュウ』特集(1) 速水螺旋人「螺子の囁き」のことなど

 ここ2週間、このブログは重苦しい話題ばかりでしたので、さすがに書いている人間も気が滅入ってきますし、そろそろ明るく楽しい話題も書いて気分転換させてもらいたいと思います。

 で、これまでも折に触れ書いておりましたが、小生はナヲコ先生の漫画作品をこよなく愛しており、そのためナヲコ先生が現在「なずなのねいろ」連載中の『月刊COMICリュウ』を昨年11月号以来ずっと買っていたりします。最初はそれが目的だったのですが、これも酒井翁主催「新春メイドさん放談2008」の中で延々と話したことですが、この雑誌が結ツボにはまって、人生で初めて漫画雑誌を定期的に買うことになったのでした(ちなみに『voiceful』の時に一度『百合姫』を買いましたが、その時は一度買ったきりでした)。ついでにリュウコミックスも結構買ってます。
 しかし雑誌を買い始めたころと、心身ともに不調に陥った時期とが重なっていたため、このブログで『リュウ』について書いたことはほとんどありませんでした。ですが、先週発売の8月号で、ナヲコ先生の単行本の来月発売が報じられた(しかも2冊!)こともあり、そこでナヲコ先生単行本発売決定記念企画として、10箇月分の『リュウ』及びリュウコミックスの感想を、来月の単行本発売日まで何回かに別けてやっていこうと思います。(ほんとに続くのか?)

 というわけで(以下敬称原則略)、最初に速水螺旋人のイラストコラム「螺子の囁き」のお話から・・・漫画じゃないところからいきなりはじめるというのもなんですが、まあ速水先生は先月単行本『速水螺旋人の馬車馬大作戦』が発売になったこともあるので、時節柄ちょうどよろしいかと。

 速水螺旋人のイラストコラムは、『リュウ』が大幅リニューアルしてナヲコ先生の連載も始まった昨年11月号以来やはり連載が始まったようです。1ページだけですが、毎回いろんな実在のメカが登場して面白く、何よりそのラインナップが愉快です。順番に挙げていきますと、

 ・T-35(ソ連の多砲塔戦車)
 ・UAZワゴン(ソ連のワゴン車)
 ・ソッピース・キャメル(1次大戦の英戦闘機)
 ・タービニア(世界初のタービン船)
 ・蒸気バス(19世紀イギリス)
 ・スタンレースチーマー(アメリカ20世紀初の蒸気自動車)
 ・ヴェネラ探査機(ソ連の金星探査機)
 ・エレクトロニカB3-26(ソ連の電卓)
 ・腕木通信(18世紀末~19世紀初の通信手段)
 ・ZIS5v(ソ連の大戦中のトラック)


 ロシア度が高いですね。しかもなかなか、余人を以って代え難いラインナップであります。この中で知名度が高いのは・・・キャメルか? でもWW1は日本のミリオタではマイナーだから、ゲテモノとはいえT-35の方が上か? 技術史的には文句無くタービニア、と思いますが。
 で、毎月何が出てくるのか楽しみなのですが、『リュウ』の読者アンケート葉書を見ていて小生、ふとあることに気が付きました。
f0030574_042749.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年8月号 読者アンケート葉書

 そう、題名が間違って「螺の囁き」になっているのです。そりゃあ著者は速水螺旋人ですが、螺旋が囁いているのでは、メカコラムというより遺伝子のお話みたいですね。
 で、これは先週発売の号の葉書なのですが、実はこの間違い、ずっと前から始まっていたのです。なるほど連載第1回、『リュウ』リニューアルの時は・・・
f0030574_0483596.jpg
『月刊COMICリュウ』2007年11月号 読者アンケート葉書

 と、ちゃんと「螺子の囁き」になっています。しかし次の号からどうなっていたのか、もうこうなったら一気に全部並べてお見せしましょう。
f0030574_0582861.jpg
『月刊COMICリュウ』2007年12月号 読者アンケート葉書

f0030574_0585822.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年1月号 読者アンケート葉書

f0030574_0593229.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年2月号 読者アンケート葉書

f0030574_0595085.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年3月号 読者アンケート葉書

f0030574_10940.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年4月号 読者アンケート葉書

f0030574_102997.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年5月号 読者アンケート葉書

f0030574_104680.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年6月号 読者アンケート葉書

f0030574_11276.jpg
『月刊COMICリュウ』2008年7月号 読者アンケート葉書

 ・・・というわけで、9ヶ月連続で間違っておりました。誰も気づかなかったんかいな。
 小生、数ヶ月前にこのことに気がついたのですが、まあ来月には直るだろうと思っていたところ、何ヶ月経っても直る気配が無いので、遂にこうして編集部の猛省を促す次第です(笑)。

 は、スキャンしてたら時間が遅くなってしまいました。
 このコラムの魅力については、『速水螺旋人の馬車馬大作戦』と一緒に語った方が意義がはっきりさせやすいと思いますので、続きは次回
 ・・・初手から脱線しまくりですみません。
[PR]

by bokukoui | 2008-06-23 23:55 | 書物

今日は

 さる学会で色々とお話を聞きました。大変面白い話題ばかりでしたが、それを詳細に咀嚼してここに述べるのは、ことに半日話を聞いたあとでは大変に疲れるので、今レジュメを見返しつつ頭の中で思うだけにしておきます。
 それにしても、昨年は自分がそこで報告してたんですよね。それから一年、一応幅は広がったと自分では思っていますが、深さの方はどれほど深まったのか。そもそもここ数ヶ月、体調不良とそれによる用事の滞積で、ろくろく自分の研究が進んでおりません。色々建て直さねばならぬことばかりです。

 既に遅きに失した感もありますが、エキサイトブログより以下の通知が。
2007年11月19日(月曜日)未明よりシステムメンテナンスのためエキサイトブログのサービスを一時停止いたします。これにより、エキサイトブログにアクセスできなくなります。

期日:2007年11月19日(月曜日)
時間:1:00~12:00(最長11時間)
内容:システムメンテナンス
 だそうです。このところ画像アップなどの具合が悪く、少しでも軽くなればいいのですが。もっともそれは、小生の機械の側の問題かもしれません。

 学会に行く途中に書店に立ち寄って、近藤喜代太郎『アメリカの鉄道史―SLがつくった国―』を購入。アメリカの鉄道の通史的な日本語の本はこれまでなかったと思うので以前から買う予定はしていましたが今日まで機会がなかったのです。ただ目次を見ると、小生が最近一番関心を持っている、アメリカの電車については数ページしか割かれていないようですが・・・。※追記:同書の感想はこちら
 ついでに、発売日より一日早く売られていた『COMICリュウ』があったのでそれも購入。ナヲコ先生の作品目当てで3号前から買ったものの、結構気に入ったので定期購読化しています。微妙に世間とズレたような(?)感じが小生の嗜好と合いやすいのかもしれません。
 もっとも某日「原野商法1997」さんとこの記事「マンガ家血風録」を読んで、この雑誌にはあてはまる項目が複数あるのではないかという気もしましたが。とりあえず唐沢なをき先生描いてるし。まあ小生は漫画のことはよく知らないので、頓珍漢な捉え方をしているかもしれません。

 朝日新聞の一面トップでブルートレイン(寝台列車)の廃止について報じており、報じられた内容以上に一面トップ写真入ということに驚き。朝日新聞に我らが同志がいるということでしょうか。小生が昔『鉄道ジャーナル』を読んでいた頃、新聞の鉄道記事の目ぼしいものを報ずる欄があった(今もあるはず)のですが、そこの印象では朝日が大新聞中一番鉄道ネタが充実していた気がします。まあ十年以上前のことですが。
 ブルートレインについては、客車が耐用年数になって、今更新造して置き換えるくらいなら廃止しちゃえ、ということが大きいのではないかと思います。JR化による分割で、新幹線以外の長距離列車に対する投資へのインセンティヴが上がりにくい、ということもことによるとあるのかも。
[PR]

by bokukoui | 2007-11-18 23:29 | 出来事

今度こそ

 また暑さがぶり返して微妙な状況に陥ったりもしましたが、何とか今度こそは回復方向に向かっているといえそうです。で、溜まっている用事関係方々(図書館の資料をだいぶ滞納してて・・・)、久々にちょこっと出かけてみたりして、そこでナヲコ先生の新作が載っている徳間書店のマンガ誌『月刊COMICリュウ』なぞ買い込んでみたり。
 用事山積で読み込んでいる暇なく、またどうも脳味噌がまだ茹っている感じなので感想はまた後日、とさせていただきますが、mixiの「ナヲコ」コミュニティがこのことに何も触れていないというのは如何なものか、と思うことしばし。やはりmixiは役立たずなのかと偏見に満ちたことをまず思い浮かべてしまいます。といってじゃあお前が書け、というのなら、いっそ書くならブログで書く方がまだ有意義だろうと思うのであります。

 二月ほど碌に文章を書けなかったので、「書く」行為のリハビリがてら、ボチボチやっていきます。こんな駄文でも何がしかの自分宛の意義はあったようで。
[PR]

by bokukoui | 2007-09-23 16:36 | 出来事