タグ:表現をめぐる自由や規制のことども ( 36 ) タグの人気記事

続・出版労連主催「東京都青少年条例の改悪に反対」集会見学記

 「出版労連主催『表現の自由への規制を許すな! 東京都青少年条例の改悪に反対』見学記」の記事が長すぎてひとつの記事に入りきれなかったので、やむなく一部をこちらに移します。メモを取った時にはそこまで長くなるとは思わなかったのですが、割とメモの取りやすい発言の多い集会だったので、圧縮する余計な部分が少なかった=それだけ密度が濃かった、ということかもしれません。

(詳細は以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-25 23:59 | 漫画 | Trackback | Comments(2)

出版労連主催「表現の自由への規制を許すな! 東京都青少年条例の改悪に反対」見学記


 ここんとこ「統一協会が秋葉原でデモ行進 『児童ポルノ規制強化』を訴える」「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」で、何だか表現規制問題研究ブログのように思われていそうな当ブログです。本当はそうじゃないつもりですが、また東京都青少年条例関係の話題です。
 それは、上に挙げた、先週月曜日豊島公会堂でのイベントなどで開催を知った、以下のような集会です。
6月の都議会へ継続審議となった「青少年健全育成条例」改正案は、「不健全」図書の規制にとどまらず、市民個々人をも規制するものです。この集会では、改正案の問題点を専門家に指摘していただきます。表現の自由を守るため、あらためて条例改悪に反対の声をあげましょう。

「表現の自由」への規制を許すな!
~東京都青少年条例の改悪に反対

・パネリスト
 藤本由香里氏(評論家、明治大学国際日本学部准教授)
 田島泰彦氏(上智大学文学部新聞学科教授)

・コーディネーター
 長岡義幸氏(フリーランス記者)

・日時:5月25日(火)18:30~20:30
・会場:中央大学駿河台記念館670号室

・主催:日本出版労働組合連合会(出版労連)
 というわけで、出版労連主催の集会です。イベントの概要は出版労連のサイトおよび広報ビラをご参照下さい(上のイベント概要は、ビラと当日のレジュメを合成したものです)。この集会が誂えたように、小生の大学の帰りに寄っていけという場所と時間でしたので、覗いてみた次第です。

(詳細は以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-25 23:58 | 漫画 | Trackback | Comments(2)

「都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」レポの続き

 5月17日に豊島公会堂で開かれた「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」のイベントレポの続きです。前篇記事「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」をお読みの上、本記事をお読み下さい。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-17 23:59 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」

 昼間たかし氏に極めて個人的な用事があったので、氏も取材か何かで来ているであろう表題のイベント「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」に行って参りました(考えてみりゃ東大構内で掴まえられれば良かったんですが)。
 で、会場の豊島公会堂の前で無事に氏と出会い、用件を伝え、ついでに都条例問題を受けて緊急発刊された『マンガ論争2.5』を一部購入し、しかしそれで帰るのも何なので、話を聞いてきました。この会場では3年前の5月に「同人誌と表現を考えるシンポジウム」が開かれ、当ブログでもレポをアップしました。今回はその当時と比べてもネット関係のメディアが進歩し、動画のネット中継もなされたそうので、レポは今更と思わなくもないですが、3時間のイベントの動画をひたすら見るのも大変といえば大変でしょうし、当ブログの普段の傾向とは逆に、箇条書きによる要点のみの紹介にとどめておきます。

(続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-17 23:58 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

それでも、オタク達は「自民党」を選んだ

 本記事は一応、一つ前の「『青空にとおく酒浸り』単行本化記念で『COMICリュウ』近号雑感」(例によって完成まで時間がかかってすみません)の続きではありますが、別段前の記事を読む必要はありません。
 また本記事の内容については、諸資料をより収集検討し、ネット上の情報を丹念に検索することによって、その内容を充実させることは可能と分かっておりますが、そんなことに時間も労力も割く気もないし余裕もないので、甚だ雑駁なものとなっております。しかし物言わぬは腹脹るると申しますし(いつもこのフレーズ使っているような)、最近身近で接した出来事に思うところもあり、頭の中にぼんやり廻っていることを書き留めておきます。
 なお、タイトルに深い意味はありませんが、突然天から降ってきた電波に逆らいようがなかっただけですので、あまり気にしないで下さい。

(以下は断片的思いつきなのでお暇な方のみどうぞ)
[PR]

by bokukoui | 2010-05-11 23:59 | 思い付き | Trackback(1) | Comments(17)

「統一協会が秋葉原でデモ行進」に関連して纏まらぬ思い付き雑彙

 先週当ブログで報告した「統一協会が秋葉原でデモ行進 『児童ポルノ規制強化』を訴える」の件ですが、折からの東京都青少年健全条例改訂問題(上掲リンク先に解説あり)とも絡んで、望外に多くの方に閲覧いただいたようです。その後当ブログで、該当の件に関し多少の補足訂正記事を書きましたが、本来その際に本件に関する個人的見解やいただいた反響に関して書いてみるつもりが、多忙と体調不良で延び延びになっておりました。一週間経って今更の感もありますが、物言わぬは腹膨るるとも申しますし、適当に思い付きを挙げてみたいと思います。来るべき条例継続審議に際して、なにがしか議論の一助になればと思いますが、あまり役には立たないとは自覚しています。
 なお、当ブログではこれまでも、このような表現規制に関する記事をいくつか掲載してきましたので、関連する記事にタグを附しておきます

(以下は断片的思いつきなのでお暇な方のみどうぞ)
[PR]

by bokukoui | 2010-03-27 23:59 | 思い付き | Trackback(1) | Comments(0)

「統一協会が秋葉原でデモ行進」の補足情報

 昨日当ブログで報じ、思いがけず多くの方にご注目いただけた「統一協会が秋葉原でデモ行進 『児童ポルノ規制強化』を訴える」の件ですが、この統一協会のデモの参加者が執筆したブログが見つかりましたので、とりあえず紹介しておきます。
 その他補足事項などもいくつか。

(引用が長いので続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-03-21 23:50 | 出来事 | Trackback | Comments(4)

統一協会が秋葉原でデモ行進 「児童ポルノ規制強化」を訴える

 書きかけの記事も完成していないのですが(※追記:今は完成しています)、緊急の話題なので急ぎアップします。
※追記:補足情報あり→「『統一協会が秋葉原でデモ行進』の補足情報」

 本日正午頃、秋葉原でデモ隊に遭遇しました。デモの詳しい経路は分かりませんが、山手線のガードをくぐり、ダイビルとUDXビルの間を通って、ソフマップのビルの横の交差点で中央通りに出た模様です。3年前の「アキハバラ解放デモ」のルートの逆コースでしょうか。
 そのデモ隊は百名以上と思われます。揃いの紙のサンバイザーみたいのをかぶり、手書きではない印刷による幟およびプラカードを所持していることから、相当に組織化され、資金的裏付けもあるデモ隊と思われます。
 小生は写真を取り損ねましたが、同道した友人が撮影したものを以下に掲げます。なにぶん突然のことでしたので、デモ隊の先頭の横断幕を写真に収めることが出来ませんでしたが、掲げている幟やプラカードと同様の趣旨であったことは確かです。写真はクリックすると拡大表示しますが、後刻、より大きな写真に差し替えます※追記:大きめのサイズの写真に差し替えました。

 以下の写真をご覧下さい。

f0030574_0284984.jpg
f0030574_0384232.jpg
f0030574_0421355.jpg
f0030574_0494527.jpg
f0030574_0511937.jpg
f0030574_0532194.jpg
f0030574_05716.jpg
f0030574_05855100.jpg

 これらの写真から読み取れる、プラカードや幟の文言を列挙します。

「純潔教育の推進!! 過激な性教育の追放!!」
「世界の平和は家庭から 家族の絆を大切にしよう」
「エイズ防止は純潔教育から 性のモラルを確立しよう」
「純潔と貞操を守ろう」
「夫婦別姓法案反対」
「援助交際反対!」
「出会い系サイト 有害サイトを廃止しよう」
「児童ポルノの規制を強化しよう」
「不倫はやめよう」
「有害情報から青少年を守ろう」


 「純潔教育」という言葉ですぐにピンと来ました。彼らは明らかに統一協会です。
 同じサンバイザーをつけて、沿道でビラを配っている人々がいます。そのビラは以下の通りです。
f0030574_1836372.jpg
 この写真はクリックすると拡大表示します。同じビラを2枚貰い、表と裏を並べて撮影してあります。一部読みにくいところがありますがそこの文言は「日常の会話を通して心のふれ合い、親子の絆を確認し合っているか、子供から慕われ尊敬される親になっているか」です。
 これに類似したビラは、統一協会の推進する「純潔教育」の宣伝として、過去にも撒かれており、小生も見た記憶があります。

 デモの文言、ビラの内容から彼らが統一協会関係であることを確信した小生ですが、だめ押しにビラを撒いていた、気の弱そうな若い男性に、真っ向から聞いてみました。

「あなたがたは統一協会ですか?」
「はいそうです」


 我ながらこう聞く方も聞く方と思いますが、答える方も大概です。

 その後多少のやりとりをしました。下っ端のビラ撒き要員の発言であってこの団体の公式見解でもないでしょうが、少なくともこの統一協会中枢部が、下っ端にどのようにこの運動を説明しているのか、ということは窺い知れるかと思います。
 で、彼らは「純潔教育」を推し進めているわけですが、何故に秋葉原でこんな活動を今日行ったのか、その事情を聞いてみました。皮肉な言い方をすれば、秋葉原に集うオタクな人々ほど、ある意味「純潔」や「貞操」を守っている人々はいなさそうですから――それこそ、魔法が使えてしまいそうなほど。それは貞操を守るというより、放擲する機会に恵まれなかっただけかもしれませんが。

 やや要領を得ないところもありましたが、彼の返答は「秋葉原という街は、性的に問題ある表現が多いから」ということのようでした。小生は上に書いたように、秋葉原の性的な表現の受容者は概して「純潔」「貞操」についての問題と縁遠い人々ではないか、ということを指摘しましたが、彼は小生の言わんとすることが分かっていなかったようです。
 記憶に頼って書くので正確さは保証しかねますが、小生のツッコミに対し彼は、「え、その、この街の文化が悪いのではなくて、問題のある人が集まってくるので」のようなことを言い出しました。
 論点がずれてる上に理屈も破綻しているので、とりあえず小生はこう畳みかけました。「それはおかしい。この街の文化に親和性のある人が集まってくるのだから、両者は分けられないでしょう?」これに対する彼の反応は、小生の想像を超えたものでした。

「シン・・・ワ・・・セイ?」

 彼は親和性という言葉を知らなかったのです。
 ここで小生は、彼が統一協会関係者であるということからして、韓国から動員されたのではないか? と想像せざるを得ませんでした。多少やりとりに引っかかりを感じなくもありませんでしたし、またこれはデモ隊のシュプレヒコールを聞いていた友人たちの意見ですが、どうもシュプレヒコールの調子に微妙な違和感を感じたということもあります。これは実証のしようもありませんが。もちろん彼が、語彙に乏しい人だっただけかも知れませんし。
※追記:彼らは主に足立区・荒川区から来たそうです(補足情報記事参照)。韓国からというのは気の回しすぎかと自己批判して補足しておきます。

 小生はついで、何故今日デモをしたのか、ということを聞いてみました。それは、多くの方が既にご存じでしょうが、東京都が「青少年健全育成」のためと称して、マンガなどの中で18歳以下に見えるようなキャラクターの性的表現のみならず暴力的表現などを取り締まるという、「非実在青少年」規制問題というのが持ち上がっているからです。これは知れ渡るにつれて反対運動が盛り上がり、昨日の都議会の委員会で「継続審議」とされ、とりあえず先送りとなって決まりはしませんでしたが、依然として危機的な状況にあります(リンク先は統一協会のオタク攻撃に詳しいエロ漫画家・カマヤン先生のブログです)
 この問題については、情報を集積した「東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト」があり、またこれは『エロマンガ・スタディーズ』の著者永山薫さんツイッター経由で知ったのですが、有名サイトGIGAZINEにわかりやすく情報量も多い解説「『非実在青少年』問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?」あります。
 このように先月から今月にかけて、秋葉原的な表現の世界への圧力が目に見えて高まっていただけに、そんな中で統一協会が秋葉原に乗り込んできたとなれば、両者の間に何らかの関連性を疑わないわけにはいきません。この東京都青少年健全育成条例改正問題については、その推進勢力にキリスト教系の婦人団体が存在しておりますが(例えばこちら参照)、思想的傾向からいえば統一協会も相乗りすること自体は、ありそうなことです。
 で、いろいろ問いただしてみましたが、要領は得ませんでした。デモは「一月くらい」前から予定されていたそうです。ただ、この統一協会のビラ撒き氏も、この青少年健全育成条例改正の件自体は知っていました。

※追記:都条例改正関係の話題は以下もご参照下さい。
「どうする!? どうなる? 都条例 非実在青少年とケータイ規制を考える」
「それでも、オタク達は『自民党』を選んだ」

 むしろ聞き捨てならないのは、条例の話に続いて彼が口にしたことでした。何でも、このような「純潔教育」を訴える街頭行動は今回が初めてではなく、昨年10月に渋谷でも行っていたそうです。これは初耳でした。しかも彼曰く、「渋谷では警察と地元の皆さんにも趣旨に賛同していただいて、そういう活動をしました」との由。
 渋谷の街作り的なことと統一協会については、NPO「ガーディアン・エンジェルス」が渋谷で活発に活動しており、彼らと統一協会の関係が疑われていることは、渋谷駅頭の東急デハ5001号改造設置(という名の産業遺産破壊)が「民間交番」の名目で行われた件と絡めて、当ブログでも以前お伝えしました。もしそのような「腐れ縁」があるのなら、渋谷で「純潔教育」宣伝活動を行ったことは符牒が合います。
 そしてビラ撒き氏は言葉を続け、「秋葉原でも警察のご協力を得て、今回の活動をしています」と発言しました。そりゃまあ、どんな阿呆なデモでも、手続きに則って申請すれば警察は受け付けてデモ警備や交通整理をしてくれることは、法の原則からいって当然ですし、"阿呆"なデモを少なからず経験した小生自身も見てきたところです。この発言に、それ以上の含意があるのかどうかは不明です。

 ただビラ撒き氏も、秋葉原について「地元の協力」は口にしませんでした。実はこの日、秋葉原では、来月からの監視カメラ導入もあり、地元の方々によるパトロール(普段もある程度やっていますが、年度末ということもあって大規模なのだそうです)が行われたそうで、小生はそれに関わっておられる地元の防犯協会のある方に、直接デモを見た足でお話を伺いました。以下は全く小生の文責ですが(これまでの箇所もそうですが)、秋葉原の地元では今日のデモについて全く何も知らず、聞いていないということでした。そんな連中を関わらせる訳ないだろう、という感じでした(当たり前ですが)。
 とすれば、渋谷の「地元」も、どこまで実態が伴っていたのか、怪しいところかも知れません。

 以上総括しまして、このデモから見てとれる、ある程度確実性のありそうなことは、

・統一協会が「東京都青少年健全育成条例」問題に関わっている / 関わろうとしている
・統一協会は秋葉原を「性的に問題がある」存在で、攻撃の標的と見なしている


 となりましょう。
 ただ、昨日条例が継続審議になったので、ちょっと一息ついたオタク連中をビビらせてやろうと、統一協会が今日デモをした・・・ということはなかろうと思います。デモ申請はデモの72時間前までに行わねばならず、大体統一協会だって昨日の今日で160人(と、ビラ撒き氏は言ってました)と必要機材を動員するのは難しそうですし。

 継続審議になったとはいえ、状況が危機的であることには変わりありません。本条例の問題点はあまりに多く、ちょっと考えても、実際の児童虐待とは直接的関係が考えにくい表現規制をすることは頓珍漢ですし(最近話題となったいくつかの幼児虐待死事件は、この条例によって防げるでしょうか? 児童相談所の予算人員を増やす方が遙かに直接の効果が見込めるのではないでしょうか)、そもそも表現を都が一方的に決めつけて裁断することが不当ですし(かつてソ連時代、ノーベル賞作家ソルジェニーツィンは、「文学に無知な人々が文学に対し恣に権力を振るうことは不当である」と、検閲制度の廃止を訴えましたが、国外追放されました)、何より「青少年健全育成」の名の下に、人が頭の中で妄想すること自体を法で規制するという、表現の自由以前に思想信条の自由を平然と踏みにじるものです。

 この条例は、6月に再度審議されるそうです。危機的ですが、多少の時間は与えられました。今回のデモを通じて、統一協会という難物が規制推進側としてはっきり名乗りを上げたことは、反対運動の厳しさを痛感せずにはいられません。しかし一方、統一協会は「カルト集団」として、いわばパブリック・エネミーとしての認知も相当されています。このような問題については、賛成推進派も反対派も、派自体は人口の中で多数を占めているわけではなく、多くは無関心だったり「どっちでも」くらいです。この場合、統一協会というカルト集団が、規制推進に絡んでいることを指摘することにより、多数を占める中間派を、「性的な表現が野放しなのがいいとも思えないが、統一協会の主張はもっとヤバい」と思わせられれば、反対運動には有利でしょう。
 しかしまた、「人を呪わば穴二つ」とも申しますように、ネガティヴ・キャンペーンは諸刃の剣です(昨年の自民党惨敗のように)。もしこれで、「統一協会」という敵を得たために、反対運動が変に暴走する結果になっては逆効果です。既に、外国人参政権反対運動を行っていた人々が暴走した事例もあるようですし。本来、敵を攻撃するより味方を増やすことが重要で、ネガティブ・キャンペーンも叩くのはあくまで手段に過ぎません。そこは慎重にならねばなりません。

 えらく長くなってしまいましたが、とりあえず以上で一区切りとします。

※追記:補足情報あり→「『統一協会が秋葉原でデモ行進』の補足情報」

※さらに追記:本記事への非公開コメントを以下の記事で公開しています。
[PR]

by bokukoui | 2010-03-20 18:05 | 出来事 | Trackback(1) | Comments(26)

秋葉原の「安全・安心パレード」 或いは美少女ゲームと「環境浄化」

f0030574_136238.jpg
 秋葉原の中央通りを自由に行き交う人々。これはかつての歩行者天国の情景かといえばそうではなく、先月のものなのです。

 すっかり時機を逸した話で申し訳ありませんが、昨年12月19日に秋葉原で行われた、安全・安心をアピールしたパレードの話題をお届けします。これは秋葉原通り魔事件後、防犯に地域ぐるみで取り組んでいることをアピールするものだそうで、千代田区や地元の商店会などが肝煎りのもののようです。何でも、事件以後中断している歩行者天国をどうするのか、今年春には討議に入るのだとか。
 秋葉原通り魔事件にたまたま遭遇してしまった小生としましては、この街の行く末にいささかの関心を抱かずにはおれませんでしたが、幸いある方面からこのパレードに関する画像などを入手しましたので、ご紹介する次第です。紹介が遅れましたのは、ここしばらくどうしようもないだるさと眠気で思いのままにことが進まず、そんなときに限ってアルバイト何ぞで僅かな活力も吸い取られてしまっていたためです。何卒ご諒承の程。

(写真が多いので続きは以下に)
[PR]

by bokukoui | 2010-01-22 23:59 | 時事漫言 | Trackback(1) | Comments(2)

社民党 保坂展人・池田一慶 両候補者の秋葉原街頭演説

※註:本記事には追記事項あり(8月2日及び8月4日)

 小生は暑さに睡眠障害でへたばっている今日この頃ですが、よんどころない必要ある買い物などの事情で、何とか午後から重い体を引きずって秋葉原に行ってきました。一応ものは見つかりましたが、問題は財布にそれだけのお金が入っていなかったということです。

 そのような個人的事情はともかく、本日夕刻、秋葉原で社民党の保坂展人議員の演説会がありました。それを見に行ったわけではなかったのですが、保坂議員といえば「オタク」にも理解があり、いわゆる「児童ポルノ」法の不当な改正に反対しておられる方として知られています。ですので、無下に通り過ぎるわけにはいかず暫く演説を拝聴し、またたまたま持っていたカメラで幾枚かの写真を撮影しました。なおこの問題については、ネット上で情報がいろいろ氾濫しておりますが、基本的な問題構造についてはこちらでも参照して下さい。手短で読みやすいです。
 今回の演説会は、ちょうど総武線のガードと中央通りが交差するあたりで車を停めて行われました。上でああ書きましたが、本来は来る衆院選に立候補する派遣労働者の労組を結成した新人の池田一慶氏の演説で、保坂氏はそれを応援に来たというもののようです。更にゲストで、物まねのザ・ニューズペーパーが場所柄麻生首相のいでたちで加わっておりました。
f0030574_21264219.jpg
秋葉原街頭で演説する保坂展人氏(車上左)と池田一慶氏(車上右)

f0030574_21305363.jpg
場所柄こんなプラカードを掲げた支援者も

 小生は途中から演説の一部を拝聴しただけですので、詳細は何でも動画がニコニコ動画にアップされるということですし(社民党も随分くだけた広報を行うようになったものです)、他にもきちんと報道されているであろうサイトなどもあることでしょうし(例えば、この演説会を紹介しているカマヤン先生のブログの、コメント欄とか)、また表現規制に関する保坂議員の所説は同議員のブログに詳しく紹介されています。あとで記事を見つけたら(タレコミ大歓迎)、随時リンクを追加します。
 で、そのあくまで聞いた断片的内容ですが、かいつまんでご紹介。本ブログ記事は、メモを取っておりませんので記憶に頼っていますから、正確さはあまり保証できません。詳細はニコニコ動画でも見て下さい。実況中継する予定だったのが、それは機材の都合だ何だで失敗したそうですが、多分後刻アップされるものと思います(現状ではまだアップされていないようです)。

※追記(2009.8.2.)
 youtube に動画があがっていました。


 ニコニコ動画もありますが、時間は youtube より短いようです。

 ブログ記事はこちらがあがっております。
・池田一慶ブログ「今日、秋葉原でニセ麻生首相と社民党が対決しました」
・「反ヲタク国会議員リスト」メモ「保坂展人氏、アキバ降臨」
・表現規制について少しだけ考えてみる(仮)「保坂候補の秋葉原街頭演説」
・月影郷「保坂展人さん、アキバに立つ!」
追記ここまで
※更に追記(2009.8.4.)
 保坂氏のブログに、本演説の草稿などが紹介されております。
・保坂展人のどこどこ日記「8月1日、アキバ街宣の動画・草稿を同時公開」

 他にもブログ記事がありましたのでご紹介。
・向こう岸「保坂展人前議員の街頭演説を聞きに行く」
 
 ところで謎なのが、現在検索したところでは「アキバblog」はじめ秋葉原の情報に詳しいとされる有名サイトがどこも保坂氏のこの演説を紹介していないことです。麻生太郞の演説はさんざん紹介していたのに。首相(候補)と弱小野党議員の差を考えても、不思議です。保坂氏は米やんが推薦した人だよ!
 ネット上ではしばしば「マスコミは偏向している」と批難し、ネットニュースこそが真実であるように唱える人が見られますが、偏向のパターンがずれているだけで、それほど本質的な差異があるわけではありません。それはそもそも、何かを伝えるということ自体につきまとう問題でしょう。
 もちろん、当ブログもまたその弊を免れるものではありません(おまけに作成者が面倒がりだしね・・・)。
追記ここまで

 小生は途中からしか聞いておりませんが、表現規制の話題の前に、本来の趣旨である池田氏の演説や紹介を行っていたようです。派遣労働の問題点を現場の経験から指摘され、その解決を訴えておられたかと思います。保坂氏は池田氏を、小泉元首相の後継者とされる次男と対比させ(年齢が同じくらいらしい)、普通に働いている人が議員になれるのが社民党の自民党との違いなのだと強調しておられたかと思います。
 本題の? 表現規制関連については、「児童ポルノ」法とはあくまでも実在する児童の人権を守ることが問題なのであって、去る国会で自民党の葉梨議員は宮沢りえの写真集『サンタフェ』を持っているだけでも罪とするようなことを主張していましたが、そんな法律を作ることは何ら問題解決にならず、ただ万人の、内心の自由という重要な自由を規制することにしかならないと保坂氏は説かれていました。定義の曖昧さによる冤罪の危険性や、このような大雑把な規制による表現の萎縮などの問題点も指摘しておられました。近くは先月17日の保坂氏のブログなどご参照下さい。

 で、このような内容は、表現規制問題にご関心のある方なら耳慣れたことと思いますが、そのような内容を要領よく説明されると同時に、議員ならではのお話も幾つかされてました。一つには、去る国会で「児童ポルノ法」について与野党案が対立した後、自民党と民主党が修正協議を行って妥協に達したとの報道がありまして(これは「飛ばし」=予測で書いた記事とも言われました)、これが国会解散で吹っ飛んだわけですが、この修正協議の場に保坂氏は「うるさそうだから」呼ばれなかったらしいです。
 そして保坂氏は、後期高齢者医療法案が国会の解散で流れたものの、小泉旋風で勝利した与党が国会開会後すぐに通してしまったことを例に挙げ、今回の解散で「児童ポルノ」法が流れたとはいえ、安心してはならない、今後も注目すべきであることを指摘しておられました。

 保坂氏は社民党の議員として結構長いキャリアをお持ちで、十年前に「児童ポルノ」法が最初に制定された際の協議にも加わっておられた由です。その立場から、あくまで実在児童の人権擁護に資するためにこの法律はあるのであって、決して表現規制の手段ではない、と主張されていました。むしろこれは、ネットのダウンロード規制など、他の表現への規制強化と連繋したものであり、これを断固打破しなければならないことを仰っていたかと思います。その際には、ネットの力が重要であると強調されていました。
 保坂氏はまた、このような規制強化がコンテンツ産業を衰退に追いこむ危険性に触れ、そしてコミックマーケットを視察した経験に触れます。保坂氏は以前、コミケの故・米澤代表に推薦人になってもらった縁もある由。で、保坂氏はコミケが自主的な表現の交流の場として盛大に機能していることを讃え、あれだけ市場原理主義であった小泉改革的な新自由主義者諸氏が、コミケという自主的に形成された表現の市場の発展をよろこばず、むしろ規制側に傾くことが多いことを批判されました。これはなるほど、頷かされます。

 ああでも、一箇所ちょっと暴走しちゃったっぽいところもあったかな。保坂氏はこのような表現規制の流れを、戦前の表現取締になぞらえて、「大正デモクラシーから昭和の軍国主義に至る過程で、まず最初にエログロが弾圧された」とか仰っていたように思いますが、これはどうかな。やはり治安維持法に代表されるように、表現弾圧は社会主義・共産主義など「アカ」に対するものが第一で、アカに走られるよりはマシだと昭和初期なんかはエログロの取締が比較的緩く、さてこそ円本時代に対する「艶本時代」なんて言葉も後世作られたくらいです。
 実は昭和初期のエロ本の世界には、左翼崩れの人なんかも結構いたことは有名で(戦後のエロマンガの世界もそういうところありそうですね)、梅原北明がその代表格・・・てな話は当ブログで前に書いた気もしますので省略します。詳しくは城市郎氏の著作などによって熟知すべし。で、アカが狩られたらピンクもやられ、仕舞にはファシストの中野正剛が割腹して憤死を遂げるに至るわけです。

 細かい話で済みません。長々と文章を連ねるのも何なので、以下には如何にも「アキバらしい」この演説会の状況を伝える画像を掲げます。演説会はこのような場所で行われていました。
f0030574_2311659.jpg
涼宮ハルヒの総選挙 演説してるのはザ・ニューズペーパー
(この写真はクリックすると意味なく拡大表示します)

f0030574_23161888.jpg
保坂展人・池田一慶と『プリンセスラバー』その他
(この写真はクリックすると意味なく拡大表示します)

 これらの写真でお分かりと思いますが、車を停めた側の歩道に十分なスペースがないため、反対側の歩道(そこは丁度旧ロケット跡地で、現在更地になりケバブ屋などの車が止まるスペースになっています)の聴衆に向かって語りかける形になっています。そのため中央通りの車通りが多いと、演説が聴き取りにくくなるのが難点でした。高架を行く電車はほとんど邪魔にならなかったと思うのですが。
 ですが、中央通りが演者と聴衆の間にあるということは、時として以下のような珍景を現出せしめることともなりました。
f0030574_23424753.jpg
『機動戦艦ナデシコ』のルリルリと演説する保坂氏

 なんでもこれまでパチンコ化されたそうです。
 さらにこんなのも。
f0030574_23522811.jpg
宣伝をいろいろ載せたトラックと社民党の車輌
(この写真はクリックすると意味なく拡大表示します)

f0030574_2354425.jpg
アイマス・なのは・保坂展人
(この写真はクリックすると意味なく拡大表示します)

 小生の周辺の「オタク」趣味者の間では、高町なのは嬢の些か押しつけがましい正義感からして、彼女は創価学会員(のような新宗教、生長の家とか)という説が提唱されております。公明党(自民党)に負けるな保坂展人。
 それはともかく、このようにあまり演説に向いているとは思われない場所でせざるを得なかったのは遺憾です。まだ選挙期間も長いことですし、また秋葉原でも場所を改めて演説会をされればと思います。コミケ明けが狙い目か。聴衆の数もそれなりにはいましたが、周囲を埋め尽くすという程ではなく、もうちょっと事前の広報があればと悔やまれます。それにしても、歩道で社民党のビラを配るおばちゃんと、「メイド」喫茶や新商品のビラを配るお姉ちゃんとが混在しているカオス感が面白かったです。

 さて、秋葉原で演説なぞするのでしたら、駅からUDXビルへ続く、ダイビル前の広場なんかは適当そうなスペースです。どうも保坂氏も最初はそちらを予定していた節があるようです。しかし、当日その場所が使えなかったのは、同時刻にその場所で、打ち水関係のイベントをやっていたからでした。

 ・うち水っ娘大集合!2009
 ・アキバ経済新聞 ・まんたんウェブ
 で、小生、保坂氏と池田氏の演説を聴く前に、このイベントの出陣式をUDX・ダイビル前の広場で行っているところを通りかかり、好奇心から少し見物しておりました。そこで気がついたことは、無慮一箇小隊の「メイド」喫茶ウェイトレスが集結していながら、袴を除いてロングスカートの「メイド」が二人しかいなかった・・・という個人的感興はどうでも良く、実はこのイベントは二つの団体がごっちゃに同居しているということでした。

 これら報道でも最後に触れていますが、主に取り上げられている、NPOリコリタ主催の打ち水イベントとは別に、千代田区が行っていた打ち水イベントがありまして、これまで両者は別の日程で行っていたのが、今回は同じ日に行うことになったそうです。で、リコリタが動員したのが「メイド」喫茶のウェイトレスさんたち約50人で、千代田区側は区内の大学生(上智と法政の浴衣姿の女子大生、野郎も若干)だとか丸ノ内のOLだとかを動員していました。しかし、ことネット上のメディアでは、「メイド」喫茶女給陣に話題を奪われてしまったのは致し方ないでしょう。
 ところで、上に引用した報道を見ると、「うち水っ娘大集合!2009」は開始時刻を17時40分とし、アキバ経済新聞は17時45分としています。5分くらい違ってもどうでもいいといえばいいのですが、実はどっちが正しいということもなかったようです。実は「打ち水」イベント全体は17時開始なのです。
 で、最初に千代田区のイベントをやり、その後リコリタのイベントをぶっ続けでやっていて、その切り替え時間が17時40~45分頃ということだったようです。今回、同じ日にやるということで二つの打ち水イベントが融合したかと思いきや、やはりなかなかその中の調整がすんなりいったわけではないようで、その齟齬が報道にも反映されたと思われます。
 打ち水イベントの最初は千代田区主催のイベントだったので、区長が挨拶をしておりました。区長は打ち水とは江戸時代の良き伝統であり、「江戸」は「エコ」とも読めるなどと些かこじつけめいた訓話をしていましたが、あんまりそういう方向で江戸時代を讃えるのはどうかと思います。

※追記(2009.8.2.)
 打ち水イベントのレポです。「メイド喫茶」のウェイトレス勢揃いの動画は壮観。
・秋葉原マップ「うち水っ娘大集合!2009 の様子 【動画あり】」
追記ここまで

 ところで、この日打ち水イベントの更に前には、今年6月に発足したという「アキバ21」という、秋葉原周辺の町内会の連合体(地域連携部会というらしい)が、「安全、安心」な街づくりのためにパトロールのデモンストレーションなど行っていたようです。それもUDX前に集合して。兎角問題が指摘されていた歩行者天国の突発的廃止から一年、治安上の問題はどのような展開を辿っているのか詳しくは知りませんが、どのような活動の方向を目指しているのでしょうか。
 ちなみにここでも千代田区長が挨拶に立ったほか、万世橋警察署の署長も挨拶をした由。この辺はたまたま出会った知人に教わりました。

 まとめると、この日の秋葉原とは、江戸時代からの伝統を強調したがる町内会連合体が警察と組んでパトロールしていた(彼らの視点からすれば、「オタク」は必ずしも歓迎される客ではない公算が大きい)その直後に、千代田区とNPOが同床異夢に女子大生・OLと「メイド喫茶」の店員をそれぞれ集めて打ち水を行い、その出陣式の百メートル先で保坂展人氏は表現と内心の自由の重要さを高唱していたのでありました。
 同じ街を愛しているようでいて、みんな考えていることは違っていて、その間の交流が実は案外稀薄であるという、それが秋葉原なんだなあと、振り返って思う次第です。ある意味現代社会の縮図ともいえましょうか。
[PR]

by bokukoui | 2009-08-01 21:46 | 出来事 | Trackback(3) | Comments(9)