鍋焼うどんの探求(24) そば処 池ノ端亀鶴庵@池ノ端

 「神保町満留賀めぐり」のあと、前回川崎に飛んだ本企画ですが、そろそろ本来の? フィールドである本郷付近に戻ろうと思います。で、今まで東大の西側を中心に、北から南まで巡ってきましたので、未踏地である大学の東側に足を伸ばしてみます。今回は不忍通りに出て池ノ端界隈を歩きます。池ノ端といえば「藪」系の有名なお店がありますが、そこは遠いし高そうだし(苦笑)、まずは手近なところから。
 というわけで、不忍通に面したそば処 池ノ端亀鶴庵にて、「なべ焼うどん」(1200円)をいただきます。ちなみにこれは席にあったメニューの表記で、壁に貼られたお品書きは「なべやきうどん」でした。
f0030574_10495449.jpg




 店はかなり大きなマンションの1階に入っています。しかしすぐ近傍に、さらに巨大な高層マンションがそびえているもので、その前では小さく見えてしまいます。そんな林立するマンション群の中で、お店自体は1階だけのこじんまりとした規模で、さほど広くはありませんが、小さな座敷は付いています。
 お品書きを見ると、せいろ500円に始まり天ぷら1000円天せいろ1400円、といったところです。鍋焼うどん以外にみそ煮込みうどん・もつ煮込みうどん・けんちん煮込みうどん各1000円なんてのもあります。高額メニューは天重と天盛定食の1500円というところでしょうか。夜のおつまみメニューも結構あるようです。
 中途半端な時間に行ったので、割と空いていました。そのせいなのかどうなのか、鍋焼を誂えて待っている間、厨房の方から天ぷらを揚げる音が聞こえます。あれは実に食欲をかき立てる音で、期待を高めてくれます。


 では、鍋焼きの具を見てみましょう。

 ・えび天(煮ていない)
 ・卵(半熟)
 ・かまぼこ(飾り切り)
 ・なると
 ・麩
 ・椎茸
 ・ほうれんそう
 ・長ネギ(2片)
 ・薬味のネギ(別添)

 まず、極めてオーソドックスといっていい内容でしょうか。麺の太さ固さもまずは普通のうどんというところでした(鍋焼うどん一般としてはそんなに柔らかくないという感じです)。音を立てて揚げられていた天ぷらは、それを誇示するかのように煮ないで載せられたままで、大きさも大きく、なかなか結構でした。だしはやや辛い目の方かなと思いました。
 では最後に、店の外観と場所を。
f0030574_1105380.jpg
f0030574_1125090.jpg

[PR]

by bokukoui | 2011-04-08 23:57 | [特設]鍋焼うどん探求 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://bokukoui.exblog.jp/tb/15785117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード