鍋焼うどんの探求(29) 湯島 日の出@湯島

 前回から更に南へ向かい、今回は本郷を外れて同じ文京区でも湯島に足を踏み入れてみました。本郷台地から下りていくことになるのか坂が多くなり、坂道沿いに昔ながらの商店街がある中に、サッカーの博物館があったりする、面白いエリアです。
 そんな中にある「湯島 日の出」で、なべ焼きうどん(1000円)をいただきます。
f0030574_1554074.jpg





 お店は5階建てのビルの1階にあります。40席くらいあったでしょうか。行ったのは夕方で、夕食には早いくらいの時間でしたが、お客さんは他にもちらほらいました。何故か女子中学生二人連れが、隅っこの席に慣れた様子で陣取っていましたが、暫くして母親らしき人々がやってきていました。そういう使われ方もあるのかと印象に残っています。
 それはともかくとして、お品書きを検討しますと、まずここはオーソドックスな蕎麦屋さんといった感じです。もりかけ500円に始まり、天ぷらそば・天もり800円、天ざる1000円と安めのお値段で、なべ焼きは天ざる・みそ煮込みうどん・磯おろし(?)と並んで1000円でした。ちなみに最高値メニューは「肉どうふライス」1200円でした。ちょっと類例が今までにないですね。

 それでは、鍋焼うどんの具の検討に参りましょう。

 ・えび天(あまり煮てない)
 ・卵(固めに煮てある)
 ・かまぼこ×3
 ・なると×4
 ・伊達巻×2
 ・豚肉×3
 ・麩×2
 ・こんにゃく(飾り切り)
 ・舞茸
 ・長ネギ(けっこういっぱい)
 ・わかめ(けっこういっぱい)
 ・薬味の小口ネギ(別添)

 とまあ、種類も多ければ分量も多い、盛りだくさんな陣容です。かまぼこ3枚になると4枚とは大盤振る舞いです(もっともなるとのうち2枚はぴったりくっついたままで、もしかすると3枚のところをうっかり4枚入れてしまったのかも知れませんが)。伊達巻が入っていたこともありましたが、2枚もというのはないですね。おまけに定番の麩も2枚入りです。
 個人的な好みとして嬉しかったのは、やはり豚肉ですね。結構大きな切り身が3つも入ってました。肉の脂が加わることで、全体としての一体感も増します。その他珍しいものは、やはりこんにゃくでしょう。これは初顔です。椎茸は定番だしえのきもあったけど、舞茸も珍しかったような。わかめも長ネギもけっこういっぱい入っていた印象があります。
 麺はかなり細めで、鍋焼うどんにしては固めでした。だしは意外と、といっては失礼ですが、薄味で上品な味わいでした。かすかに酸味を感じたような気がして、梅干でも入っているのかと(七味唐辛子が普及する19世紀以前は、うどんの薬味には梅干と胡椒を用いた。今でも使う店がある)思いましたが、別段そういうわけでもないようです。

 なんといってもこのお店の特徴は、具も麺も量が多いことです。具の多さは既に述べた通りですが、麺も分量が多くて、実に食べ応えがありました。それでいて値段は1000円ですから、今まで食べ廻ってきた数々のなべ焼うどんの中でも、コストパフォーマンスではトップクラスであることは間違いないと思います。
 このお店の情報を「食べログ」とか「ぐるなび」とかネット上で見ると、盛りが良いのは鍋焼に限ったことではないようです。それでいてお値段控えめで、まことに結構な街の蕎麦屋さんでした。そういえばこのお店の近所の肉屋さんでは、コロッケ一つ50円でしたっけ。正確な値段は忘れましたが、これも安かった記憶が。

 最後に、お店の外見と場所を掲げておきます。
f0030574_242845.jpg

[PR]

by bokukoui | 2011-06-16 23:59 | [特設]鍋焼うどん探求 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://bokukoui.exblog.jp/tb/16140676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード