人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

文豪でない人の大陸横断鉄道~郡菊之助『旅と交通』(北米篇)

 前回の記事で小島英俊『文豪たちの大陸横断鉄道』を取り上げ、その末尾に「古本屋でたまたま発掘した、文豪でない人の大陸横断鉄道旅行記」云々と書きましたが、今日は引き続きその話。大陸横断鉄道というか、世界一周旅行のことを書いた本の話です。

 その本は郡菊之助『旅と交通』(永吉書房)という、1934年10月に出版されたA5版300ページほどの本(一応ハードカバー)です。著者の郡菊之助は名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)の教授で、国会図書館のOPACで著書を調べると、経済統計が専門だったようです。その名前で検索したら、日本統計学会が1931年に創設された際の発起人に名前があり、その方面では有名なのかも知れません。発起人中、有澤廣巳や蜷川虎三や中山伊知郎なら名前に見覚えはあるのに、郡の名前を今まで聞いたことがなかったのは、小生が統計学に疎かったことが大きいにせよ、国会図書館の検索で見る限り戦後の著書が妙に少ない(全38件中4件しかない)こととも関係あるのかも知れません。郡は1897年生まれだそうですが、そんなわけで没年も今のところ不詳です(1970年の著書があるので、その頃までは存命だったようです)。統計学会の歴史とかを見れば分かりそうですが、調べている暇も無し。
 古本屋で安く手に入れた『旅と交通』は前見返しに「贈呈 著者」と筆で書いてあったりしましたが(笑)、前半が「交通物語」と題して、交通に関するエッセイ的なものを18篇ほど集めたもので、ここはさほど面白い話は多いとは言えない印象です。後半が「欧米の旅」と題して、郡が1931年10月から33年7月まで行った外遊の模様を綴っています。もっともこれも、旅行先から日本の雑誌類に投稿した便りがベースになっている部分が多いようですが。郡教授は交通論も名古屋高商で講じていた由で、『趣味の交通学』なんて本も出しているようです(そっちの方が面白そうだ)。

 で、その郡の外遊コースがなかなか豪華なので、以下に概要を書いてみましょう。本文からの引用は新字体・現代仮名遣いに直してあります。

(続きを読む)

by bokukoui | 2009-03-01 22:05 | 鉄道(歴史方面) | Comments(0)