人気ブログランキング |

<   2020年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

安倍内閣退陣に際し改めて考えなければならないこと


 なんとか8月中には一度更新しておきたいと思って、一つ記事の準備をしていたのですが、それが吹っ飛ぶようなニュースが入ってきました。
 「金曜日に首相が会見」というニュースがしつこく流れるのを週明けから聞いて、もしかして辞めるのか? いや期待してダメだったら凹むし……と私の心は揺れていたのですが、買い物に出かけてリアルタイムでテレビもネットも見られない状況だった28日の17時過ぎ、どうにも気になって落ち着かず、ガラケーで無理してネットを見たのですが……

 まず最初に断っておけば、私は安倍晋三という政治家を全く評価しません、というか最低の政治家だと思っています。それは、まず何より彼が歴史修正主義に極めて近く、また日本で歴史修正主義を振りかざす人びとが彼を担ぐに熱心であるからです。歴史的な世界の成り立ちを尊重する立場の者として、これは全く容認できません。
 これと通じることですが、安倍政権は公文書を隠匿し、改竄し、破棄してきました。過去の歴史に向き合わないどころか、自分の現状を記録することにも不誠実であり、未来への責任(一文字にあらず)を持つという観念がまるでありません。ただ今の自分さえよければいい、という極めて無責任で幼稚な政権であり、これもまた私が安倍政権を批判する大きな要因です。
 そして安倍晋三とその政権のおそらく最大の問題は、今の自分(たち)さえよければそれでよく、その自分たちの間でしか通じない、身内の言葉で何でも押し切ったということにあるのではないか、私はそのように感じます。記録に残し、あとの時代の(時には別の地域の)人になしたことを伝えようという、いわば普遍の精神をまったく欠いていたのです(歴史修正主義というのも、史料の言葉を自分勝手に、身内でしか通じない読み取りをして歪曲する、という点で同類といえます)。より広く、普遍性のある観念で説明するのではなく、自分たちにとって都合がいいからいいんだ、と押し切ったのです。いいかえれば、他者への想像力を欠き、しかもそれを開き直ったのです。


(続きを読む)

by bokukoui | 2020-08-31 23:59 | 時事漫言 | Comments(2)